ブサメンなんか死んでも無理?イケメン好きを卒業する10の方法

 by 池田園子


「あたしイケメンとしか付き合ったことがないから、あんなブサメンなんてムリ!」と斬り捨てる友人のアラサー女。呆れるほどイタい思考回路ですが、それでも結婚願望は捨てきれないらしいのです。
正直、「何を言っているんだ、この女」と見捨てたいところですが、どうにかイケメン好きを卒業できる方法をまとめてみました。

イケメン好きを卒業する10の方法

イケメン好きの呪いにかかってしまった女性のみなさん。この方法でその呪縛から解き放たれてください、今すぐに!


●その1:過去のイケメン彼氏の写真を捨てる

昔の男にしがみ付いていてはいけません。イケメンと付き合ってきたという自負に縛られているからこそ、次の男に進めないのです。過去の栄光とは思い切っておさらばしましょう。イケメン断捨離です。


●その2:周りのフツメンを意識して視界に入れる

イケメンではないからといって、あえて目に入れることのなかったフツメン男子をよく見るようにしましょう。慣れというものは恐ろしく、次第に「あぁ、わりと良いかも?」と麻痺してきます。大丈夫。


●その3:雰囲気イケメンをイケメンだと認識してみる

流行の「雰囲気イケメン(髪型や服装などの効果でイケメン風に見える男性)」を、「そんなのリアルイケメンじゃないわ!」と突っぱねないで。おおらかな目線で、イケメン審査基準を落としてあげてください。


●その4:非イケメンを「××イケメン」とカテゴリ付けしてみる

なんでもいいのでイケメンという言葉を付けて、自分の精神を誤摩化す作戦。単なるしょうゆ顔男子には「和風顔イケメン」、パッとしない男子には「伸びしろアリ系イケメン」など無理矢理にでもこじつけてイメトレです。


●その5:合コン前に参加者の情報を入手しない

合コン前、幹事から参加メンバーのFacebookを入手し、非イケメンが来るとなると「チェンジ!」などと言っていませんか? 非イケメン慣れするためにも事前審査はなしで、何も知らないまっさらなモードで合コンへ臨みましょう。


●その6:イケメンではない男性の誘いに応じる

「え? イケメンとじゃないとデートするわけないし」という高飛車な考えから卒業しましょう。生理的嫌悪感がなければ誘いに応じてみて、フツメン男子がどんなものか少しずつ慣らしていきましょう。


●その7:酔ったときに非イケメンに抱きついてみる

お酒に酔ったフリをしてでも良いので、非イケメンに抱きついてみましょう。もたれかかるでもOK。お酒の効果で鼓動や脈拍が上がっているのを上手く利用して「あ、イケメンじゃなくてもドキドキできるじゃん」と錯覚してみて。


●その8:テレビでイケメンが登場したら消す

これを「イケメンシャットダウン」と呼びます。極力イケメンを目に触れさせない作戦で、世間のイケメンと自分とを断絶しましょう。イケメンを見ないうちに、ムダに肥えていた目が直ってきます。


●その9:自分の劣化具合を冷静に認識する

20代前半のころの写真と現在のすっぴんを比べましょう。その差は歴然なはず。イケメンはそれなりにモテますし、寄っていくのもイイ女。リアルタイムでの自分の女子力を見直して、高望みはできないと理解して。


●その10:結婚したいかどうか真剣に考えてみる

女は30歳を過ぎると、恋愛市場での価値は一気に下がると言われています。29歳と30歳の違いって、大きいんですよね……。今の状況と、結婚したい年齢を逆算してみると、はたしてイケメン探しに奔走する暇があるのかどうか分かるはず。

結婚したいのなら現実を見て!

イケメン好きを卒業するためのTo Doは大きく分けて「イケメン絶ち」、「現実を見る」の2つに尽きます。今日からでもできることを取り入れて、早急にイケメン好き卒業への方向に進んでください。結婚したいひとはとくに急いだ方が良いかも知れませんね。


◆本命男子の幅が広がったら読んでおきたい。
本命男子に使える!好印象を持ってもらえるデートの法則7選

Written by 池田園子
Photo by Joseph Gray