働く男性が「彼女にしたくない!」と思った職場女子の特徴8選

 by かぎあな

彼女にしたくない女性

著者の周りの男たちにリサーチしたところ「よほど外見がひどくない限り、職場の女子との恋は大歓迎」だということが判明した。そのわりには付き合ったという話を聞かないじゃないか、という素朴な疑問をぶつけてみると、「カワイイと思ったけど……」「結構イイ線まで行ったが……」と言葉を濁す。
その先にあった男たちの本音とは!?

彼女にしたくない職場女子の特徴

せっかく職場の出会いがあるのに、仕事中の姿で幻滅されてしまうことは多い。あなたも、こんな行動をとっていないだろうか?


●その1:後輩にやたら厳しい

「教育熱心を通り越して、後輩にやたら厳しい姿を見て引いてしまった。付き合ったらこうやってオレも怒られるんだ……という気持ちになった」(33歳/美容師)

○慕われるアネゴになるには、さじ加減が難そう。


●その2:やたら結論を急かす

「『それで? 結論は?』とやたら急したり、まだ話してる途中なのに『わかりました』と言ってきたりする。仕事ができる女だけに、こういう気遣いだけできないところに底意地の悪さを感じる。ちょくちょく『余裕がないからごめんね』アピールしてくるが、もう遅い」(28歳/編集者)

○女特有の“チクチク感”は幻滅対象。


●その3:あからさまに二日酔い

「どこで誰と飲んでいるのか知らんが、いつも二日酔いの彼女。気になる子なだけに不愉快感も強いのかも」(29歳/家電量販店勤務)

○「お酒好きなんだ」までは盛り上がれるが、どんだけ飲むんだ!? 誰と飲んでるんだ!? と思わせるのは逆効果。


●その4:何気ない相づちがトゲトゲしい

「細かいようだが『あっそうですか』と『そうなんですか』は似ているようで全然違う! 相づちがトゲトゲしている女の子は、顔がまあまあでもゲンナリする」(30歳/人材サービス営業)

○相づちなのになぜか威嚇モードの女子、いるいる(苦笑)。本人は無自覚なだけに致命的かも。


●その5:勇気を出して飲みに誘ったら「なんで?」

「時間をかけて仲良くなった職場の女の子。タイプだったから『飲みに行かない!?』と勇気を出して誘った。そしたら『なんで?』って言われた……。ガキじゃあるまいし、『仲良くなりたいから』なんて言えるわけないだろ! なんて答えてほしいんだよ!」(27歳/病院関係)

○誘ってきた男子のプライドを察してあげましょう。


●その6:“生理なんです”アピール

「機嫌が悪そうだったり、腰に手をあててダルそうにしたり、そのときだけ化粧が手抜き。ひと目見て『アイツ、生理なんだ』とわかる女子がいる。心配してほしいアピールかよ、とみんな思っている」(28歳/エンジニア)

○気分の起伏がある子は女子的にも扱いづらいデス……。


●その7:誰かが退職するたびに涙ぐむ

「すごく素直なところがかわいがられている女子社員。ふだんは部署のムードメーカーなのだが、誰かが退職するたび涙ぐむのはちょっと……。いろんな男に『彼女はオレに気があった』と思わせているのもね……。恋人にしたら身が持たないと思う」(34歳/製造業)

○独占欲が強い複雑な男心を理解しよう。涙は出し惜しめ!


●その8:仕事場の文房具がサンリオ一色

「女子オーラ全開なところがもろタイプだった彼女。彼女のサンリオ好きは有名で、ご当地キティがデスクに所狭しと飾られている。初めは気にならなかったが、だんだんソレが目障りに……。今では『頭悪そうだし、家でやれよ』と思ってしまう」(32歳/食品メーカー)

○本人的には「誰にも迷惑かけていない」って話だろうが……。

職場恋愛のチャンスを逃すな!

けっこう細かいところで幻滅されてしまうんだ……と思うものもあったのでは? しかし裏をかえすと「ちょっと気をつける」だけで恋の可能性が広がる……とも言えなくもない。
あなたの職場はどうですか? 男女問わず、ご意見お待ちしています。


◆こちらには恋に落とすモテテクが!?
社内恋愛にはギャップが効く!男性が同僚女性に恋をした瞬間7選

◆男の本音を知りたい人はこちら。
酔っ払い男が本音を暴露!セックスに関する素朴な質問をしてみた

Written by かぎあな
Photo by Digital Sophia