コーヒーを高く売る戦略!スターバックス型婚活テクニック

 by マツタヒロノリ


「もうアラサーだから夢も見てられないし、早いとこ適当な男みつけて結婚しなきゃ!」なんて焦って、自分を安売りしてはいませんか?
そんな発想では幸せな結婚は遠ざかるばかり。
変な男を捕まえてしまい、後悔するのが目に見えていますよ。
自分の値打ちを高めて本当にイイ男をゲットする方法は、『スターバックス・コーヒー』の販売戦略が参考になります。

本当の価値とは、客が心で感じる価値

今やどこの街でも見かけるカフェ、『スターバックス・コーヒー』。
コーヒーとしては少々高めの価格設定がされていますが、それでも客は納得し、喜んで購入しています。
いったい、なぜでしょうか?

それはスターバックスが、従来の喫茶店の販売戦略に陥らなかったからです。
通常、コーヒーのような一般的な嗜好品には、相場の価格があります。それゆえ、企業は一杯のコーヒーをいかに安くし、たくさん売るかという点に苦心します。
しかし、スターバックスはまったく逆の発想をしました。
一杯のコーヒーを倍の値段で売るにはどうすれば良いのか、という販売戦略を採ったのです。そして、店の内装にとことんこだわり、高品質で珍しいコーヒーを揃えるなど、独自のアイデアを多数生み出しました。
結果、客は“スターバックスでコーヒーを飲む楽しさ”に価値を見出し、喜んで倍のお金を支払うようになったのです。

物の価値とは、製品やサービス自体にあるのではなく、客が心で感じる価値です。客がその値段に値すると考えれば、相場は関係なく、それはその価値があるのです。

インスタント・コーヒーのような女

大して美人でもないし、若くもないし、お金もない……。
だからといって、自分を必要以上に安売りし「誰でも良いから結婚して!」なんて思う必要はありません。
むしろそんな考え方だと、男性からは“安くて便利な間に合わせ女”と思われ、インスタント・コーヒーのように何の感慨もなく飲まれるだけ。ぬるくなったら、ためらいもなく流しに捨てられる運命です。

大切なのは、表面的なステータスではなく、男性が心から価値があると感じる女性になること。
そういった発想で考えれば、あなたにしかできない“自分の値打ちの高め方”が見えてくるのではないでしょうか。

たとえば、長年の一人暮らし経験を活かして、浪費家の男性に貯金をさせてあげたり、いつも外食ばかりの男性に栄養バランスの取れた食事を振る舞ってあげるのも良いでしょう。
人生経験を活かして、話が面白いとか、一緒にいて楽だというのも、立派な魅力になるはずです。

倍の値打ちを設定すると、アイデアが湧いてくる

婚活がうまく行かなくて悩んでいる女性は、安易な安売りをすべきではありません。
まずは、現状の自分に倍の値打ちを設定し、どうすれば男性にその値打ちで満足して貰えるかを考えてみましょう。
スターバックスのように“相場より高くても売れる=ワンランク上の扱いをされる”女になるアイデアが、たくさん湧いてくるはずです。

◆結婚できないのは理由がある…
辛らつすぎて本人に言えない「アンタが結婚できない理由10選」

Written by マツタヒロノリ