SMプレイもほどほどに!?元祖・局部切断事件の犯行の理由

by 海猫

2012年01月22日 17:00


今月16日に猟奇的な事件が発生しました。
昭島市のアパートの一室で男性が遺体で発見され、ベッドの下にその男性の局部が切り取られて落ちていたというのです。
この事件を聞いて、真っ先に昭和初期の「阿部定(あべさだ)事件」を思いだした方も多いのではないでしょうか。自殺の可能性も大きくなってきた同事件ですが、猟奇的殺人事件のひとつでもある阿部定事件を振り返ってみましょう。

売春婦が天職だった女のヤリマン人生

明治38年、現在の東京都千代田区に阿部定は生まれました。
少女の頃から男漁りをするぐらいのとんでもないヤリマンで、その素行にサジを投げた父親に遊郭に売り飛ばされるほどでした。定にとって売春婦は天職で、数えきれないほどの男性の相手をしていました。定は各地を転々としながら男たちの間を渡り歩いていったのです。

そんな定は30歳の時、鰻屋に女中として勤めることになります。そしてあっという間にこの店の主人である石田吉蔵と肉体関係を持ちます。吉蔵は当時既婚者でしたが、女遊びが激しく愛人が何人もいました。体の相性が合ったふたりは頻繁に関係を持ち、やがて定の中には吉蔵を独占したいと言う気持ちが芽生え始めます。

SMプレイがだんだんエスカレートして…

定と吉蔵は待合(今でいうラブホテル)での宿泊を重ね、やがて「首を絞めると気持ちいい」とSMプレイを始めるようになりました。最初はふざけてやっていただけだったのですが、それはやがてエスカレート。定が吉蔵の首を絞め、吉蔵が失神するようにまでなりました。そして、吉蔵への独占欲が頂点に達した定は、ついに吉蔵が眠っている間に吉蔵を絞殺してしまいます。

その後、定は吉蔵の局部を切り取って紙に包み、逮捕されるまで大事に持ち歩いていました。局部切断の理由は「いちばん可愛い大事なものだから」「死体になって奥さんのところへ戻った時に、局部を触られたくなかったから」といったものでした。
いちばん大事なものが心ではなく局部だと言うところが、彼女のこれまでの人生を表しているようではないでしょうか。





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

行き過ぎた愛情が原因?

定は逮捕後の精神診断で、「残忍性淫乱症(サディズム)」と、「節片淫乱症(フェチズム)」という結果が出ています。SMプレイで彼女の中のSが目覚めてしまったのでしょうか。
愛情もSMプレイもエスカレートしすぎて間違った方向に行ってしまう前に、一度冷静に自分を見つめなおしたいものですね。

◆性欲に振り回されないで…
「セックスに振り回される女」の波瀾万丈な人生
人間の三大欲求の一つ「性欲」に最も正直だった女帝
エロすぎて引かれちゃう?絶対、彼氏には頼めないセックス5選

関連コラム

世にも恐ろしい元カレの復讐方法
コカイン中毒と恋わずらいは同じ状態
花魁に学ぶ「自分を高く見せるテク」
坂口安吾の「刺激的な恋愛名言6選」
必殺!カレを悩殺するエロ忍法3選

おすすめ特集コラム

射精後の魂が抜けた放心時間=「賢者タイム」の攻略テク5選
自分だけは大丈夫…なんて甘すぎる!安易な性交渉は性病のもと
恥ずかしい…性病で入院なんて!?
「企画モノ」が好きなのはむしろ女子!珠玉の企画系セックス5選
性癖はコンプレックスの表われ?企画系AVに学ぶ男の深層心理

関連商品


【送料無料】桃もみもみ。「みんなのセキララ・SMエッチ」編 [ 佑希紀 ]

Written by 海猫
Photo by Luigi Crespo Photography

恋愛 男性 女性 SEX

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

他の人に教える

ページTOP