これぞ運命の出会い!結婚したカップルの衝撃的な出会い方7選

 by 杉本レン


「出会いがない!」とお嘆きのアラサー女性のみなさま。
本気で婚活をしていると「世の中のカップルはどこで出会ってるんだろう…??」と気になってきますよね。

今回は『実際に結婚したカップルの変わった出会い方』をご紹介いたします。

運命の出会いもきっかけは多様化している!?

よく「出会いのきっかけは?」というアンケート結果が公開されていますが、「職場」、「紹介」、「コンパ」など、よくあるフツーの回答ばかりが並んでいてあまり参考にはなりませんよね。

実は現代は、個人のライフスタイルや価値観が多様化していますし、さらにインターネットの普及で新しい出会いも増えているんです!
それゆえ、「出会いのきっかけ」はかなり複雑化していて、統計に現れないものもたくさんあるのです。

そこで、「え!? そんなきっかけで出会ったの!?」と、びっくりするような衝撃的な実例を7つご紹介しましょう。
すべて結婚にまで至った実在するカップルのお話です!!

実際に結婚したカップルの変わった出会い方7選

●その1:ナンパのあまりもの同士!?
【A子30歳・夫31歳/結婚4年目】

女友だちと花火大会に出かけたA子。ナンパしてきた二人組のうちの一人と女友だちがいっしょに消えてしまった……。残されたA子と男性。意気投合して、それが後の夫に!!

○「あいつらどこいったんだー」と言いながらいっしょに捜し歩いているうちに仲良くなったのだそうです。


●その2:不倫の果ての……!!
【B子41歳・夫55歳/結婚16年目】

B子は当時、会社の上司と不倫していた……。
ある日飲み会に、不倫相手の友人が合流し、何も知らずにB子に猛アプローチ!
“一生言えない秘密”が彼女を燃えさせた!!
そして不倫を脱出し、結婚に至る。

○秘密の恋愛が好きなB子にはぴったりの相手かも。結婚式のスピーチはもちろん、元不倫相手の上司が担当したんだとか……。(怖っ)


●その3:表向きは「友だちの紹介」でも本当は……!!
【C子32歳・夫37歳/結婚1年目】

C子夫妻の出会いは、なんとネットのアダルトチャット!!
おたがいのHな姿を見せあうだけの目的のはずが、気づけば意気投合してしまったんだとか……。

○本当のことは他人にいえないので、出会いは「友だちの紹介」と答えているんだそうです。そりゃそうだ!!


●その4:待ち時間のついでに?
【D子30歳・夫39歳/結婚3年目】

人気のケーキ屋に行ったD子だが、とても混んでいて、なかなかオーダーを聞いてもらえない……。
待ちくたびれて、たまたま隣にいた男性と「遅いですねえー」「ちょっとこれじゃぁねえー」と話していると、「しばらく時間ずらしたほうがよさそうですよ、お茶飲んで待ちませんか?」とお茶をした出会いがゴールインのきっかけに!!

○「待ち時間が長い店」はいい出会いスポットになるのかも!!


●その5:間違い電話の“声”!?
【E子40歳・夫36歳/結婚5年目】

きっかけは相手からの間違い電話。
どうやら登録番号が間違っているらしく何度もかかってくるが、声の感じがよくてお互い気になりだし会話をするように……。
まさか結婚するなんて!!と本人たちがいちばんびっくりしている。

○間違い電話でもきちんと対応すれば、いいことがあるのかもしれません!


●その6:海外ボランティアだけのはずが……
【F子44歳・夫39歳/結婚12年目】

ボランティア活動がしたいとアフリカに渡ったF子。
なんとケニアで出会った亡命中のエチオピア難民と結婚!!
お互いの国の言葉はまったく話せないので、意思疎通はカタコトの英語のみなんだとか!!

○ともに苦境を体験すれば言葉なんて関係なく、信頼関係を築けるんですね……。


●その7:60代男性とできちゃった結婚!?
【G子44歳・夫64歳/結婚3年目】

いくら恋愛しても結婚につながらないまま40歳を迎えたG子……。
結婚は諦め、超リッチな60代男性と不倫をしていたら、なんと妊娠が発覚!
不倫相手は本妻と離婚し、G子はめでたくできちゃった結婚!!

○昼ドラも真っ青なこの展開! 40代と60代のふたりは現在、孫のようなベビーを育てています。

運命の出会いは何がきっかけになるか分からない!

いかがでしたか?
筆者の周りだけでも、これだけ衝撃的な出会いがあるのです。
どんな出来事が結婚のきっかけになっても不思議ではありません!!
しっかり出会いにつなげられるよう、いつもアンテナを張っておきましょう。


◆結婚相手はこう探す!
将来有望な若者を先物買い!「熟女好き男性」の特徴と攻略法

◆彼氏を狼に育てちゃいましょう♪
性欲のない彼氏を調教!?エッチまでもっていく方法

Written by 杉本レン
Photo by dolgachov