「いい人ですね」は侮辱だった?男性が嬉しくない褒めことば6選

 by 郷雷子


ツイッター上である褒めことばについて話題になりました。
それは「こう褒められると侮辱されている気持ちになる」というもの。
良かれと思って言ったつもりが、男性からするとムッとしてしまう褒めことばがあるようなんです。
うっかり失言しないためにも、『男性に言ってはいけない褒めことば』をチェックしておきましょう。

男性の本音「いい人は最大の侮辱だ」

先日、ツイッター上で「女性からの褒めことば」が話題となっていました。

●「男にとって最大の侮辱は良い人だと言われる事だとおもふ。」(@TOSHIinPEF)

●「いい人→どうでもいい人ってありませんでしたっけ?」(@taguhiro)

●「女性の理想は、「いい男」が自分にだけ「いい人」ってパターンですから。」(@rionaoki)

●「浮気しなさそうな人、とかも。しないけど、言われても嬉しくない。」(@okemos_PES)

●「『キモイ』は『キライ』と同義。『良い人』等の一般目線の絶対的な評価でなく自分目線の相対的な評価。とりあえずそう言ったきた人相手には希望はない」(@Kelangdbn)

●「『あなたって、いい人ね…』より『あなたって、わるい人ね…』と言われた方がいいですよねw 」(@kmori58)

●「すいません。『悪い男だねぇ』か、『エロい』と言われることが多く、オイシイと思っています。」(@yukihosoya)

なるほど、男性は「いい人」と言われると「男性として魅力がない」と言われたように感じるのですね。そんなにマイナスの意味に捉えられてるとは……。
そして「悪い男」と言われるのが嬉しいとは、なんて複雑な男心。
たしかに男性は「チョイ悪」という言葉をモテの代名詞に使っていますよね。

嬉しくない褒めことば6選

うっかり失言を防ぐためにも、その他の「嬉しくない褒めことば」をチェックしておきましょう。

●その1:「かわいいね」

女性が使う「かわいい」は、「胸キュンしました」、「癒されました」、「それ好き」、というニュアンスを含んでいたりしますよね。ですが、男性はストレートに「ナメられている」と感じるようです。


●その2:「マジメだよね」

「つまんない男だね」と言われているように感じるそうです。「誠実だよね」という言い換えを覚えておきましょう。


●その3:「子どもっぽいね」

「うんざり」といったニュアンスを感じるそうです。たしかにコレは、イヤミを含んでいるときに使いがち……。同じような意味の「少年の心を忘れていないね」ならば、男性が大好きなフレーズです。


●その4:「なんでも嬉しいよ」

「あなたとならなにをやっても嬉しい」と伝えたかったのが、男性には「なんでもいいや」という意味に捉えられてしまいます。なにがどう嬉しかったのか、具体的に褒めるのが正解です。


●その5:「(有名人)に似てる」 

男性は何かに“似ている”という扱われ方を嫌います。唯一無二の存在でいたいのです。


●その6:「変わってるよね」

男性は特別扱いは好きですが、変人扱いはムッとしてしまうようです。
特例として“かまってちゃん”な男性は「変わってるね」で燃えてしまいます。
どちらにせよ、NGワードとして覚えておきましょう。

(参照:「Gooランキング|女性からの嬉しくない褒めことば」より)

男心を理解する努力を

男心も気難しいものなのですね。
捉え方で言葉の意味まで変わってしまうから不思議です。心当たりがある女性も多いのではないでしょうか。男心を理解するよう努めてみてください。また、この嬉しくない褒め言葉を心の片隅において男性と接してみてくださいね。

◆男心は難しい…
女と男の脳の違い?男が「どうでもいいこと」を自慢げに話す理由
長所「優しさ」だけではモテません!「男が求める女」とは?

Written by 郷雷子
Photo by Steve Punter