ゲイの受け攻めはどうやって決まる!?実は奥深いタチ・ネコの謎

 by 鈴掛 真(すずかけ しん)歌人

こんにちは、歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。 『タチ・ネコ』『受け・攻め』『凸・凹』……これらはもともと隠語でしたが、意味を知っている人が随分増えて、今や隠語の域を脱しつつありますね。 そう! これらは同性カップルが受け持つポジションを表しています。 今回はこのタチ・ネコにスポットを当ててみましょう! 詳しく知りたいけど、なかなか知る機会のない“同性愛”の話題。 【ゲイだけど質問ある?】では、オープンリー・ゲイの鈴掛真が、みなさんの気になる疑問・質問にお答えしていきます!

続きを読む

働く男性が「彼女にしたくない!」と思った職場女子の特徴8選

 by かぎあな

著者の周りの男たちにリサーチしたところ「よほど外見がひどくない限り、職場の女子との恋は大歓迎」だということが判明した。そのわりには付き合ったという話を聞かないじゃないか、という素朴な疑問をぶつけてみると、「カワイイと思ったけど……」「結構イイ線まで行ったが……」と言葉を濁す。 その先にあった男たちの本音とは!?

続きを読む

バツイチ男子は優良物件!見逃して婚活を終えることなかれ

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。婚活で女性が深く考えずに「ムリ」と足切りしている項目があります。 たとえば実家暮らし、喫煙者、多額の借金ありといった条件は「好み・好みじゃない」と話題に上がることすらなく婚活相手の条件から外されていることがあります。実家暮らしでも家事が完璧な男性もいれば、喫煙者でも3日に1本しか吸わないライトスモーカーもいるにも関わらず、です。 そしてこんな条件と並んで無意識に女性から足切りされがちなのがバツイチ。結婚相談所では驚くほど多くの女性が無意識に男性を「初婚のみ」で絞り込んでいます。しかしバツイチ男性こそ、あなたが狙うべきブルーオーシャンかもしれません。

続きを読む

メラメラ〜!男の恋心に火をつけるのに必要な4人の存在

 by 佐々木英造

お互いに好きという気持ちを確認してはいるのに、いまいちハッキリとした態度を示さない男性がいます。煮え切らないのは男の性分ですが、このままでは同じ状態がいつまで続くか分かりません。 そんなときに、二人の関係を阻むような障害があると、男性は意外と燃えるもの。乗り越えれば、一気に関係が進展する可能性も出てきます。その障害となるものが、身近な人物である場合も多いです。 今回は、元No1.キャバ嬢で、現在はフリーライターとして活躍するナナミ・ブルボンヌさんに「男の恋心に火をつけるのに必要な存在」についてお聞きしました。

続きを読む

ムクムクムク!! 男性の「萎えた性器」を復活させる魔法4つ

 by 佐々木英造

興奮や快感を味わったときは力強く勃ち上がる男性器も、その勢いをずっと保てるわけではありません。時間が経てば感情も冷めて萎えていきます。年齢を重ねるほどに、勃起している時間も短くなるでしょう。 セックスが終わると、もう翌日まで復活できない。二回戦なんてとんでもない。なかには、一回戦目すら途中でギブアップしてしまうような方もいます。女性としては寂しくもあり、手伝えるものなら何かしてあげたいと思うでしょう。 今回は、女性だけでなく男性の肉体や心理に詳しい看護師の大木アンヌさんに、「男性に萎えた性器を復活させる方法」をお聞きしました。

続きを読む

幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ

 by Gow!Magazine編集部

そこそこモテるし、彼氏もいるけどなぜか結婚に繋がらない。 「好き」とは言われるけど「結婚して欲しい」と言われたことがない。 そんな悩みをもっている女子のみなさま。 それは、あなたの言葉の中に結婚を遠ざける「3Dワード」が含まれているからかもしれません。

続きを読む

時代が変わってもありえない!初デートで割り勘の男がNGな理由

 by 南美希子

「食事でも行かない?」 恋は往々にしてこの一言からスタートする。 その気があって男性から女性を食事に誘った場合。 あるいは、初めての2人だけのデートのとき。 そんなときに、食事代を割り勘にしようと言い出すオトコは恋人失格とみていい。

続きを読む

「嫉妬心」とうまく付き合う、たった一つの方法

 by 南美希子

これだけは肝に銘じてほしい。 恋人を得ると同時に背負い込まなければならないのが、嫉妬という厄介な感情であるということを。 そう、本物の恋にもれなくついてくるのが嫉妬心なのだ。 だから、恋をするには相当の覚悟も必要なのである。 嫉妬心の湧かない恋はすでに朽ちてしまった恋か、疑似恋愛にすぎない。 そんなものはほとんど価値のないものなのであって時間の無駄にすぎないから、嫉妬心の 伴わない恋なんてものはさっさとゴミ箱に捨ててしまうべきである。

続きを読む