人気ランキング

  • 全て
  • ラブ
  • ライフ
  • ビューティ
  • エンタメ
  • オトナ

女子のタブーワード「ワタシこども嫌いなんです」

 by 杉本レン

81

友だちの出産連絡を聞いて、お祝いをもってかけつけ、赤ちゃんを見るととりあえず「カッワイイー!」と言っておく。 でも心の中ではぜーんぜん「カワイイ」なんて思ってない。なんか赤くて、よだれとか垂らしてて、ただ泣くだけの物体にしか見えない。 「抱っこしてみる?」なんていわれようものなら、「落としたら怖いからいいわ」と即座に断る。本当はよだれや臭いがつくのがキモチワルイだけ。 「わたし、本当はこども嫌いなのよね。」と言えたらどんなにすっきりするか。 そう思いながら、言っちゃったらみんなが凍りつくことを恐れて、黙って貝になっておくのです。 ましてや彼氏の前でなんて言…

続きを読む

30代は危険な年!本当にあった厄年のこわい話3選

 by 海猫

82

アラサーのみなさん、30代の女性には厄年(本厄)が2度もあるのはご存知でしょうか? そして、厄年のお祓いはお済みでしょうか? 今回は、今すぐお祓いに行きたくなる「本当にあった厄年のこわい話」をご紹介したいと思います。

続きを読む

かっこいい女優枠で対決!天海祐希にあって真矢みきにないもの

 by 小宮山蘭子

83

 スタートした新ドラマに主演している天海祐希(44)。その人気は、かっこいいアラフォーの代表格として衰えることを知らない。 産業能率大学(東京)が4月18日発表した「新入社員が望む理想の上司(女性)」という調査でも、天海祐希が3年連続の第1位となった。 もはや、天海祐希に敵うアラフォー女優はいないのか……。そこでライバルに成りうるアラフォーの有名女優「真矢みき」、「米倉涼子」、「松嶋奈々子」と天海祐希を独断で比較してみた。

続きを読む

これが本物のヒーローだ!カッコよすぎる支援活動をした5人の男

 by 郷雷子

84

2011年3月11日、日本人の価値観をがらりと変えてしまった、東日本大震災が起こりました。 多くの被害が出ましたが、国民がそれぞれ助け合い、世界からも多くの支援を受けました。 今回は、ある芸能人たちの勇気ある行動をご紹介したいと思います。

続きを読む

恥ずかしくて死にたくなる「女の黒歴史」珠玉の7選

 by Gow!Magazine編集部

85

“黒歴史”……それは誰にも知られたくない、消し去りたい過去。 人気女優、北川景子の“黒歴史”が収められたDVDが発売され、ファンたちに動揺が広がっているようだ。 だが、彼女ほどの女性にも“黒歴史”があるのならば、一般女性にはもっとすごい“黒歴史”があるはず。 というわけで、世にも恥ずかしい女性の“黒歴史”をリサーチしてみた。

続きを読む

浮気バレ防止!?見られたくないものを隠せるiPhone小ワザ

 by Gow!Magazine編集部

86

浮気するのは男性のほうが多いというイメージを持っていませんか? しかし、ここ数年の草食男子の増加に従って、男性の浮気以上に多いと言われているのが女性の浮気です。 総合探偵株式会社MRが行った調査によると、男性が「浮気をしているかも」と思うきっかけの1位は「携帯電話」(51%)。やはり、携帯には見られたくない情報や浮気の痕跡がもっとも多く残っているのです。 そこで、iPhoneユーザーの女子のために、浮気バレ防止に役立つ便利な小ワザをご紹介します!

続きを読む

誰とも恋愛できないあなたは、第四の性「無性愛者」かも!?

 by 杉本レン

87

「誰も本気で好きになったことがない」 「好きな人がいても、体に触れられると思うと近寄れない」 そんな悩みをもっている方は案外いるのではないでしょうか? そんなあなたは、第四の性「無性愛」者かもしれません。

続きを読む

先輩からの「おせっかいだなー」と感じるアドバイス10選

 by フランクひらがな

88

本来ならありがたいはずのアドバイス。 でも、アドバイスと称した“余計な口出し”に「おせっかいだなー」と感じることもしばしば。相手は好意で言っているので反論もできず、なかなかめんどくさいものですよね。 そこで今回は、職場の先輩から言われた「おせっかいなアドバイス」を紹介します。 働く女性のみなさんは、業務以外の苦労も多いようです。

続きを読む

やっぱり“アレ”か!本当はエロい「恵方巻き丸かぶり」の由来

 by 餅月かおる

89

ここ数年、コンビニでもよく見かけるようになった「恵方巻き」。 節分の日に太巻きを丸々1本食べるという習慣です。 もともとは大阪地方の習慣でしたが、今や全国区に広がってきました。 縁起かつぎのこのイベント、その由来が“エロい”ものだったことをご存知でしょうか?

続きを読む

ママだからってイバるなよ!「子持ち女子」にイラッとする瞬間

 by 池田園子

90

独身時代からの女友達であっても、片方が子持ちになってしまえば、共有できない話題ができてしまうもの。とくに独身女子からすると、子持ち女子との間には埋められない溝ができてしまったという思いがあります。 子どもを持つと心身ともに変化が生じるのが女の性。それが分かっていても、どうしても「イラッ」としてしまう瞬間をご紹介します。

続きを読む

愚痴を聞かされたときのカンペキな対応法

 by 小木曽由加理

91

他人の不幸話が大好きな人間でも、大っ嫌いなものがあります。 それが他人から聞く「愚痴」です。 自分も愚痴をしょっちゅう言うくせに、自分が聞くのは嫌だ…というのもとっても人間らしい感情。 そんな愚痴を、華麗に受け流す『最強の相づちフレーズ』をお教えします。

続きを読む

アンジェリーナ・ジョリーのクレイジー過ぎる伝説

 by 郷雷子

92

アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットとの離婚を表明しました! ハリウッドで最も有名で華やかな夫婦の離婚表明に、世界中のメディアが注目しています。 アンジーといえば、スケールの大きな慈善活動で世界中の女性からリスペクトされる女優。 愛の溢れるその活動は、まさに現代のマザー・テレサ。 しかし、そのクレイジー過ぎる行動には驚かされるばかりです。 彼女の愛と狂気が見え隠れする、クレイジー伝説をご紹介いたします。

続きを読む

冬の今こそ壊滅するチャンス!冬場に効果的な黒いヤツ対策

 by Wicca(ウィッカ)

93

温かくなるとカサコソと現われる黒いやつ……そう、ゴキブリです。 やつらの姿を見ただけで凍りついてしまうという女性も多いでしょう。 夏場によく見かけるゴキブリですが、実は姿を見かけないだけで、冬場もずうずうしく家のどこかで活動中です。 しかし、冬場の効果的な対策で、一網打尽にすることも可能なのです。 今回は改めて、やつらの恐ろしい生態をご紹介いたします。

続きを読む

他人には話せない…アラサー女子の「セルフプレジャー」事情

 by Gow!Magazine編集部

94

女性誌でセックス特集が組まれたり、女性向けAVが注目を集めたりと、女性の性が開放的に語られるようになりました。 今まではタブーなイメージがつきまとっていたオナニーに関しても、「セルフプレジャー」というキーワードで、ポジティブに語られるようになってきたほど。 「セルフプレジャー」とは日本語にすると「自分自身で楽しむ」という意味。決して後ろめたいことではなく、自分自身が気持ち良いことを楽しもうという前向きな意味合いです。 誰にも迷惑をかけることなくストレスを解消できて、ホルモンバランスも整うなどまさに一石二鳥のセルフケア。アラサー女子たちのセルフプレジャー事情をリサーチしてみ…

続きを読む

女子の行方不明事件多発!「神隠し」と呼ばれる不可解な事件

 by 杉本レン

95

昨年から今年にかけて、なんとも不可解な女児ゆくえ不明事件が続いています。いずれも無事に発見されてはいるのですが、ゆくえ不明になった原因や、どこで何をしていたかが不明のまま。「神隠しでは?」と騒がれる事態になっています。

続きを読む

自分で触っても感じないのはナゼ?「くすぐったい」の不思議

 by かーねこばーん

96

他人に脇腹を触られるとつい笑ってしまう「くすぐったい」。 自分で触ってもなんとも感じない。なんと不思議な感覚なのだろうか。 実は、人間の感覚器官には、くすぐったさを感じる器官は存在しない。かゆい・気持ちいいも同様に「ただの刺激」のはずだ。 今回はそんな「くすぐったい」の謎をご紹介しよう。

続きを読む

足首の締まりはイイ女の証拠?足首と骨盤、生殖器の関係とは

 by 森和世

97

「足首が締まっていると…アソコの締まりがいい」という噂は本当? この噂は、女の子大好き!男子だけじゃなく、女子としてもその真意を確かめたい。 とは言え、実際に確かめるのは難しいけれど、昔から“小股の切れあがったいいオンナ”という表現があります。 体型で言えば、足首からふくらはぎがキュッと締まったスタイルの持ち主。 性格で言えば、茶目っ気があって小悪魔的ないいオンナ。 これだけ聞いても、モテ要素たっぷり。 こんな可愛いオンナであれば、ベットの中だって可愛いはず。そもそも足首がキュッと締まっている状態は、身体機能がよく働き、むくみ、疲れ知らずのイケイケ絶好調の状態。 女性の生理周…

続きを読む

15年間買い続けて200億円!宝くじの高額当選エピソード5選

 by 日向バンビ

98

7月9日から、サマージャンボ宝くじが発売されますね。「宝くじなんてどうせ当たらない」と言っているあなた、それは違います。買わないから当たらないのです。 先日、アメリカの高額ロト「パワーボール」のジャックポット2億4100万ドル(約200億円)を、クエーカーオーツの工場作業員ら20人が獲得しました。(※1) 15年間同じメンバーで買い続けたそうですよ。いい話ですね〜。 この他にも、ドリームがジャンボな高額当選エピソードをご紹介します。

続きを読む

レベルが違う!絶世の美女になるためのとんでもない美容法

 by 奥山いくほ

99

エステやダイエット食品、脂肪吸引、プチ整形など、数多くの美容法が溢れる昨今。 しかし、世の中にはまだまだ私たちの知らないとんでも美容法があるのです。 例えば、マリー・アントワネットは、歯を何本か抜いて小顔を作り、肋骨を2本折った上にコルセットをまとって、バスト90・ウエスト48・ヒップ90というバケモノ体形を維持していたと言います。 なんという“美”への執着心でしょう! ですが、これで驚くのはまだ早いです。 世界の美女たちは、さらにとんでもない方法で“美”を追求していたのですから。

続きを読む

それ、褒めてないから!他人が言う「典型的なB型だよね」の意味

 by かぎあな

100

ひとから「そういうところ、B型だよね」と言われて、「まあね〜」と無邪気に笑っているB型。それは決して褒め言葉ではないことに気づかないところも、「典型的なB型」と言われてしまう要因だ。 そんな「典型的なB型だね」に込められた真意をご紹介しよう。

続きを読む