クリスマスムードが高まって…雰囲気に踊らさた失敗デート7選

 by フランクひらがな


もうすぐクリスマス!
本命の相手とのデートに気合いを入れて臨むかたも多いのではないでしょうか。

ネットも雑誌も、クリスマスコーデだの、ディナーだの、クリスマス特集を組んでいて、いやでもクリスマスを意識せざるを得なかったこの1か月。

そんな雰囲気に流されて、失敗してしまった経験はありませんか?

今回はクリスマス企画に踊らされ、失敗してしまった女性たちのエピソードをご紹介します。

クリスマス企画に踊らされたエピソード7選

クリスマスだからって、夜景にディナーにファッションに……と慣れないことに気合いを入れすぎるのは失敗のもと。
みなさんが今日のデートで失敗しないように、クリスマス企画に踊らされてやらかしてしまった女性たちのエピソードをご紹介します。


●その1:クリスマスカラーに踊らされて…

「学生の頃、初めてできた彼氏のために、奮発してカシミアのマフラーを買いました。クリスマスカラーをイメージして、赤と緑のストライプ柄にしたのですが、盛り上がったのはクリスマスだけ。クリスマス以外に着けられないと、結局たんすの肥やしにされてしまいました」(26歳/金融)


●その2:クリスマスコーデに踊らされて…

「雑誌で見た『男が喜ぶクリスマスコーデ』を、そのままパクッてディズニーランドデートへ。普段は着ない、白のふわふわニットに、ミニスカート+ブーツで完璧と思っていたら、同じコーデでデートしてるカップルに遭遇。しかもその子の方が似合っていて、さらに恥ずかしかった」(27歳/塾講師)


●その3:クリスマスディナーに踊らされて…

「前から行きたかったフレンチレストランのクリスマスディナーを予約して、彼氏を強引に連れていきました。確かにオシャレなんだけど、量が少なくて、味もまあまあ、最後は『ごはん食べたい。焼酎お湯割りないの?』と言い出す彼。クリスマスだからって背伸びするもんじゃないと痛感」(28歳/営業)


●その4:クリスマスホームパーティーに踊らされて…

「女友達とクリスマス前に飲み屋で知り合った外国人の家で開かれるクリスマスパーティーに参加することに。もちろん出会いも期待してました。少し遅れて到着すると、まるでクラブのように照明を落とした室内に通されて、早速すすめられたのがマリファナらしきもの。怖くなって速攻帰宅」(30歳/派遣社員)


●その5:クリスマス限定キットに踊らされて…

「初めてのボーナスで、化粧品のクリスマス限定キットを購入。パーティー仕様のラメラメなアイシャドーやフェイスカラーがセットになっていて、限定ポーチ付き。早速、メイクして出社したら毒舌な先輩に『聖鬼魔?? デーモン小暮?』とさんざんな言われよう。以来4年間、一度も使ってません」(27歳、IT関連)


●その6:クリスマススイーツに踊らされて…

「有名ホテルのクリスマスケーキのお値段は、さすがの1万円越えでしたが、初めて彼と過ごすクリスマスだったので、奮発して予約! 当日彼氏の家にケーキを持っていくと、なんと彼もサプライズで同じケーキを用意していました。さすがに2個も同じホールケーキは食べられないし、2人合わせて、ケーキに2万以上もつきこむことに。そのお金をプレゼントに回してほしかった」(29歳/会計士)


●その7:クリスマスデート特集に踊らされて…

「クリスマスデートにクリスマス特別クルーズを予約。彼にもオシャレしてもらって、張り切って乗船すると、彼の元カノにバッタリ。実は元カノから略奪して付き合い始めたので、雰囲気は超最悪。寄港するまでの2時間半、地獄のクルーズでした」(27歳/アパレル)

浮かれて踊らされるのもあり?

クリスマスは「クリスマス商戦」とも言われるように、企業にとっても一大イベント。
消費者を躍らせるために、あの手この手で戦略を仕掛けてきます。

そんなイベントのムードに踊らされること自体が、実はクリスマスの楽しみだったりもするのですが……。

クリスマスデートが控えているみなさんは、こんな失敗をしないようにご注意くださいね。

ハッピーメリークリスマス!

Written by フランクひらがな
Photo by photostock