「ズルイ!」と嫉妬される!弾力小尻を手に入れるエクササイズ

 by 森和世

あくまで女子からみた日本男子の好きな体型は、はちきれそうな大きな胸に、キュッとした小さなお尻。いわゆるアニオタ的なあり得ないスタイルがいい〜と思っている様子。

でも、実際にそんな人が周りにいる?! 一方、海外男子の間ではキム・カーダシアンなどボリューミーなお尻が人気。最近では、ニッキー・ミナージュの意外と立派なお尻が話題になるほど、立派なお尻がお好みようです。

でも、正直どちらも極端すぎて、私たちにはtoo much! 小尻を目指せば、食事制限付きのダイエットに走り、ゲッソリそげ落ちたお尻になり兼ねないし、彼女たちのボリューミーヒップは私たち日本人からみたら、ちょっとおデブかも?

それならば、私たち基準を作ってしまえばいいのでは?
今回は、全く男子の意見は聞かずに、私たち女子が満足のいくヒップ作りを提案します!

魅力的なボディは、ほどよく脂がのり、弾力のある状態

若さという脂と美意識によって鍛えられたボディライン。
これはダイエット・ドクターも提案しているコトで、栄養を吸収し易い身体、つまり気を抜けば「太っちゃった……」という太りやすい女子がエクササイズでボディラインをキープした状態が最高に理想的なボディライン。
つまり、痩せていても、女性的なカーブをキープし、肌にもハリがある状態。

逆に食事制限だけでカーブを出そうと思ったら、栄養不足から老けたイメージに。せっかく綺麗になって、夏を楽しんで…と思って始めたダイエットで今年の夏は台無しなんてコトにならないように。

現時点で多少、下や横に散らばっているお肉をギュッと寄せる簡単エクササイズを実践すれば、弾力のあるヒップが手に入るはず。

さっそく弾力小尻を手に入れるエクササイズをご紹介します。

惚れ惚れする弾力小尻を作るエクササイズ

美尻になるために欠かせない筋肉というのが、お尻を下から持ち上げる働きをする大殿筋。次に、横から引き寄せる働きをする、中殿筋。とは言え、あまり難しいコトを考えずに、これからご紹介するエクササイズを実践すれば、自然と両部位が鍛えられるので、迷わずトライしてみて下さい。

では、早速やり方のご紹介。

1.両手は肩の下、膝は腰の下に置きます。
お臍を腰に引き寄せ、腰が反らないように姿勢を整えます。



2.片膝を床から離し、その膝は90度にし、踵も押し出し、フレックスの状態に。


3.そのまま、腰が反らない位置まで踵を天井の方に押し上げる。
膝を腰の高さに戻し、また踵を天井に押し上げる動作を15回繰り返す。
反対側も同様に。


いかがですか?
このエクササイズのポイントは、踵がお尻をキュッと引っ張り上げている感覚を味わいながら行って下さい。
自分でも惚れ惚れする弾力あるヒップが手に入ったら、それを手に入れたい男子がワンサカ群がってくるかも?!


◆さらに美しいBodyを目指したい方に!

メールマガジン 『森和世の美しく痩せる!ホメられBodyの作り方』

中級編エクササイズ・ヨガを音声付き動画でレクチャーいたします。森和世へ直接、質問や悩み相談などが出来るQ&Aも実施中!

森和世プロフィール


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。

現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!

Written by 森和世