“ぷるるん桃バスト”になってみたい!

 by 森和世

ボリュームのある胸、小ぶりのかわいい胸、いろいろあるけれど、一環して言えることはハリがあり、ツンと上向きの胸が美しいという事。
たとえ小さくたって、胸の位置が高く、ちょっとだけブラの力を借りて寄せて、ふっくら柔らかバストが出来れば、それが一番綺麗な形かも。

目指せ!よだれがじゅるりの桃バスト

例えるなら、桃のようなバストが理想。みずみずしくて、血色がよく、ハリがある。かじったら果汁が、じゅるって滴るんじゃないかって男性に彷彿させるようなね。(笑)

とはいえ、バストの加齢による衰えは20歳代から既に始まり、どうしたって垂れる運命?年齢を重ねると、「重力の法則」に逆らうことがだんだん難しくなっていくのよね。

そもそもバストは女性ホルモンの作用でお尻同様、他の部位よりも脂肪がつきやすく、
しかもたるみやすい気になる部分。そう言えば、最近バスト全体が下がり、しかも乳首が外に広がってる?と思っている人、要注意。たるんだお肉にハリを取り戻すには、エクササイズやストレッチ、マッサージなどバストケアしかありえない!

胸を支える大胸筋をメインにバストを左右から寄せる脇周辺、美しい姿勢を保つために必要な広背筋、肩甲骨周りを同時に刺激してあげると、惚れ惚れする形のいいバストが出来上がる。

なぜ、背中側も必要なの?と思うかもしれないけど、肩を前に猫背の姿勢から肩甲骨を寄せて肩を後に引くと、胸がツンと上向きに。これが答え。実は、背中側の筋肉もバストアップに重要な役割が。

つまり、猫背気味の方は胸が内側に入り、垂れ気味に。魅力的な綺麗な胸は、美しい姿勢によっても作られている事を忘れないように。

理想のサイズを頭に入れてストレッチ開始

因みに理想のバストサイズは、160センチならば83.2〜84.8センチ。
(身長(cm)×0.52〜0.53)

どんな大きさでも思わず触れたくなるハリが決め手!これを目指して、ストレッチエクササイズスタート!

このストレッチエクササイズでは、肘を締める動作で背中側の筋肉を刺激しながら、ストレッチ。さらに、腕を上に押し上げる動作で胸の筋肉、脇肉を刺激しストレッチ。ゆっくり動作し、立体的なバストに仕上げましょう。

1.両肘を合わせ、親指を絡め、手の平を合わせる。この時、肘が離れないように。



2.息を吸いながら、ゆっくり肘を上に押し上げ、鼻の高さまで。この時、肩に力が入り過ぎると腕が上がらないので、意識して力を抜き、締めた肘を押し上げるイメージで。
息を吐きながら、元の位置に。10回を目安に。

いざ、歴史に残るバストへ!

いかがだったでしょう。前述した通り、美しい姿勢をキープすることはマスト。美しい姿勢が無ければ、せっかく魅力的な胸をつくっても、胸が表に出てくることが出来ず、台無しになってしまうの。

そもそも、胸をケアするという概念は古代エジプトやギリシャ時代の女性も既に行っていたこと。

その頃の女性の間でも、下着や紐などを使ったバストアップするための方法がとられていて、努力するという習慣があったよう。

古くから女性は、胸を美の象徴として捉え、バストを大きく、形よく見せようと工夫しているのですね。
みなさまも、現代の女性代表として、負けじとバストケアを行っていきましょう。

◆さらに美しいBodyを目指したい方に!

メールマガジン 『森和世の美しく痩せる!ホメられBodyの作り方』

中級編エクササイズ・ヨガを音声付き動画でレクチャーいたします。森和世へ直接、質問や悩み相談などが出来るQ&Aも実施中!

森和世プロフィール


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。

現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
本日より、森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!

メールマガジン「森和世の美しく痩せる!ホメられBodyの作り方」
中級編エクササイズ・ヨガを画像や動画でレクチャーいたします。
また、森和世へ直接、質問や悩み相談などが出来るQ&Aも実施!美しく痩せたい方、必見です!

Written by 森和世