やっぱり狙うは玉の輿!映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”

 by 高橋なたりー


玉の輿は女の永遠に憧れ。宝くじよりも確率が高く大金持ちのセレブになれるのですから、女性ならば一度は妄想したことがあるのではないでしょうか?

「でも、どうすればセレブ男子を落とせるの?」

そんな疑問に答えてくれる、玉の輿映画をご紹介。ヒロインが身を持って玉の輿に乗る方法を教えてくれますよ。

玉の輿に乗りた〜い!お金持ちと結婚する映画5選

●その1:『プリティ・ウーマン』

ハリウッドのストリートガール(ジュリア・ロバーツ)が実業家(リチャード・ギア)と出逢い、結ばれるまでを描くラブストーリー。

底辺の生活をしながらも笑顔で一生懸命生きているヒロインは実業家の周辺にはいないタイプ。そんな彼女を不憫に思い彼が大金を渡したとき、彼女は「自分はお金目当てじゃない」とつっぱねます。

このプライドが愛情の証として彼の心に響き、一気に玉の輿へ。
「お金よりもあなたが好き」という本気の愛があれば、ちゃんと伝わるものなのですよ。


●その2:『ある愛の詩』何事も控えめに振舞う

良家の息子(ライアン・オニール)と白血病の娘(アリ・マッグロー)の感動的ラブストーリー。

身分違いゆえに彼の家族に反対されますが、男は愛を貫くため、しっかり学んで弁護士として一流に返り咲きます。

彼がそこまで頑張ったのは、ヒロインが多くを求めなかったから。控えめにされるほど、男は何かしてあげたいと思うもの。

ガツガツしてはダメ。草食系の坊ちゃんには、欲望を見せてはいけないのです。


●その3:『愛と青春の旅立ち』玉の輿は断固否定!

海軍の士官になる青年(リチャード・ギア)と女子工員(デブラ・ウィンガー)の愛の物語。

不幸な環境で育った主人公は人間不信。恋人に対しても「玉の輿狙いだろ」と言うやっかいな男です。

しかし、彼女は頑として否定。彼を好きな気持ちは本当だし、玉の輿願望よりも愛が上回っているからです。

いいですか? 玉の輿を疑われても断固否定を貫きましょう。「だって〜」と、言い訳した途端、玉の輿のチャンスは消滅しますよ。


●その4:『メイド・イン・マンハッタン』

高級ホテルのメイド(ジェニファー・ロペス)が上院議員候補のエリート(レイフ・ファインズ)と恋に落ちるラブコメディ。

男はメイドをセレブと勘違いし、彼女もお金持ちの振りをして2人は恋に落ちますが、結局正体がバレて、彼女は恋も仕事も失ってしまいます。

このドン底からどう這いあがるかがポイント。彼女は向上心が強く「一からやり直すわ!」と告げて、彼の愛を勝ち取ります。

金目当ての女が殺到するエリートには、地位や財力に頼らない自立した女がまぶしく見えるものなのです。


●その5:『麗しのサブリナ』

富豪のお抱え運転手の娘(オードリー・ヘプバーン)と富豪一家の長男(ハンフリー・ボガード)が恋に落ちる恋愛映画。

パリ留学でセンス抜群のレディになった彼女は富豪の長男も次男もトリコに。彼女は行動派かつ会話のテンポもいいので「一緒にいて楽しいお嬢さん」なのですね。

お金を積めば美しさは手に入れられるかもしれない。けど、持って生まれたキャラクターの魅力はお金では得られません。

センスの良さや会話の楽しさは玉の輿の強力な武器。彼に「もっと一緒にいたい」と思われれば、勝利は目前ですよ!

見返りは一切求めず無償の愛を差し出して

「お金が大好き」とか「贅沢したい」という理由で玉の輿に乗ろうとすると失敗します。玉の輿でも相手はお金ではなく人だからです。
下心は絶対に見透かされますからご用心。

お金目当ての取り巻きだらけのセレブ男子は、意外と真の愛を求めていますから、あれこれ求めず、相手に愛情や笑顔やハッピーを与えましょう。

そうすれば「セレブ妻」という大きな見返りがあるかもしれませんよ!

Written by 高橋なたりー