かわいすぎる41歳!GLAY・TERUの「愛され天然発言」

 by 楓


90年代に数々のヒット曲を生み出したバンド、GLAY。
GLAYのボーカル、TERU(41)は、芸能人の中でも群を抜いた天然キャラで有名です。先日も、『ドラクエ?』と『ドラクエモンスターズ』を間違えて購入してしまったことがTwitterで発覚し、Yahoo!ニュースになったほどです。
そこで、仕事に疲れたアラサー女性たちへ、愛され「天然男子」であるTERUのエピソードをご紹介いたします。

GLAYのTERUの「愛され天然発言」

ロックバンドのボーカルとは思えない、ほのぼのしたエピソードをご紹介します。


●その1:色気のある言い間違い
TERU「ちょっとイレブンピーエム行ってくる。」
TAKURO「セブンイレブン? ampm? どっちよ」
TERU「違うよ、イレブンピーエムだよ」
数時間後に戻ってきたTERUはファミマの袋を提げていたそうです。
い、イレブンピーエムって。元祖お色気番組ですよね?


●その2:みそ汁にたくあん入れるの?
ラジオにてリスナーからの「おみおつけの具で好きなものはなんですか?」という問いに
対して、TERU「たくあん!」
「おみおつけ」と「漬物」を間違えたのでしょうか……。


●その3:スーパーのレジをやってみたいTERU
雑誌のインタビューで、「現在のパート以外にやってみたいパートは?」と聞かれ、他のメンバーがボーカルやギターなどと答えるなか、TERU「スーパーのレジ!」
「パート違いだよ!」と突っ込まずにはいられません。


●その4:最近変わったことと言えば
『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ)で、浜ちゃんに「最近変わったことあった?」と聞かれ、とても嬉しそうに「靴が新しくなりました!」と答えたTERU。
ミリオンヒットのアーティストなのに話のスケールが庶民的ですね。


●その5:「話しかけてもいいですか?」と話しかける
『AKBINGO!』(日本テレビ)を見ていたTERUは高橋みなみのエピソードに感動し、その後『ミュージックステーション』(テレビ朝日)で共演。当時37歳のTERUが17歳の高橋みなみに「あの〜すみません。話しかけてもいいですか?」と声をかけたそうです。
歌手として大先輩なのにこのものいい。TERUの人柄の良さが表われています。


●その6:どうなりたいんだよ!
埼玉スーパーアリーナでのライブ中、盛り上がってきたMCにて。
「もうね、本当に、時が……止まらなければいいのに」 会場「……」
すかさずベース担当のJIROが突っ込みを入れて、MCを成立させたそうです。


●その7:ちょっとあざとい?
大阪のラジオにて。
JIRO「親知らず抜くとき、泣いた?」 
TERU「ううん、泣かない。だって強いもん」
これが女心を掴んで話さない「天然男子」の底力! この発言、あざとすぎてもしや「計算なのでは?」と思ってしまいますが、これまでのTERUの言動を見ていると「本当に天然なんだな」と納得できます。

愛される「天然発言」は何が違う?

「天然発言」は痛いひと扱いされたり、わざとなのでは、と疑われたりするものですが、それらとTERUの愛され天然テクは何が違うのでしょうか?
それは、基本的に「ちょっと恥ずかしい間違い」をするところだと思います。さすがに恥ずかしくて、こんなこと計算で言えません。

見た目はクール、歌えばセクシー、喋れば天然と、モテ男の要素であるギャップを幾重も兼ねそろえているTERU。
1994年にデビューしたGLAYも、いまだ現役なのがアラサーにとってうれしいポイントです。2013年2月からは、25万人動員の全国ツアーを行うそう。
天然発言にも、さらなる磨きをかけてもらいたいですね。

Written by 楓
Photo by GLAY HAPPYSWING