同じ下ネタでも「福山雅治」が言うとおもしろく聞こえてしまう謎

 by かーねこばーん


先日、とある合コンでこんな男性に遭遇しました。
おしゃれぶったブ男がドヤ顔で下ネタを連発し始めたのです。その下ネタはかなり聞くに堪えないものばかりで、女性陣もドン引き。
あぁ、これがもしイケメンだったら、下ネタでも、心から笑うことができるのに……!
そこで「イケメンなら下ネタが許される法則」を体現している、歌手、俳優の福山雅治(43)のエロ名言を集めてみました。

エロいイケメン福山雅治の下ネタ名言集

福山雅治といえばそのルックスとは裏腹な、エロ発言にも注目されています。彼の奔放な性の世界をお楽しみください。


●その1: 仮性包茎宣言

「オレは仮性包茎だ。でも、オレはそれをかっこ悪いと思ってないから、ラジオで言うよ」
(『福山雅治のオールナイトニッポンサタデー』(ニッポン放送)より)

○生放送のラジオで、まさかの仮性包茎宣言! ムケてないイケメンとして愛おしさ倍増ですね。


●その2:神の子宣言

「オレはオナニーの神様の子ども! マーラ・ダンコーン!!」
(『福山雅治のオールナイトニッポンサタデー』(ニッポン放送)より)

○オナニーが大好きと公言してはばからない福山雅治。自宅には、オナニー用のAVがズラリと並んでいるそうです。ちなみに、『TENGA(新感覚オナホール)』を愛用していることも公言しています。


●その3:エロく聞こえる言葉

「『シンポジウム』って言葉の響きがエロイよね。あと、『スタンディングオベーション』もなんかやらしい感じがするよね」
(『福山雅治のオールナイトニッポンサタデー』(ニッポン放送)より)

○こんな中学生レベルのどうでもいいことでも、福山雅治が言うと面白くなります。


●その4:ライブ中はノーパン

「ライブ中はいつもノーパンなんだけど、3回くらいチャックが開いてたことがあったんだよね。本当に小さくて良かったなと思いましたよ」
(『福山雅治のオールナイトニッポンサタデー』(ニッポン放送)より)

○包茎、オナニー大好き、ノーパンときて粗チン。これを生放送で言ってしまうのが福山クオリティです。


●その5:コンドームはかっこ悪くない

「コンドームをつけるということは、かっこ悪くない。でも男たちはかっこ悪いと思っている。だからオレがコンドームを作る。つけたほうがかっこいいコンドームを」
(『福山雅治のオールナイトニッポンサタデー』(ニッポン放送)より)

○いくらエロいことを言いまくっていても、ちゃんと性について考えて、コンドームの重要さを説いている福山雅治はすばらしい!

イケメンの下ネタは気持ちいい

ゲスい下ネタや、バカらしい下ネタでも、福山雅治のようなイケメンが言うと急に面白く感じられてしまいます。加えて、セーフ・セックスを訴えているところも高ポイント。

下ネタを言いたがる男性たちには、福山雅治を見習ってもらいたいものです。

Written by かーねこばーん
Photo by MzPromise