ワード「人生なんでも道」

  • 新着
  • 人気ランキング

いい女ほど褒め上手! 男をその気にさせる快感ワード

 by 西脇理恵

素敵な男性をどうしても振り向かせたい時に有効なのは「褒める」という行為。 でもただのありふれた褒め言葉では男性の心には響きません。男性をその気にさせる「快感ワード」をご紹介します。

続きを読む

やっぱり目指すは“愛される女”!結婚を手にする為に必要なこと

 by 西脇理恵

都合よく扱われる女と愛される女。 男に軽く見られ、都合良く扱われる女と、本命の女に選ばれ、結婚へ辿りつける愛され女。この両者の決定的な違いはどこにあるのでしょうか? 今回は、この両者の違いについて語りたいと思います。

続きを読む

若い世代にセックスレスが増加!それでも『愛』は存在するのか

 by 西脇理恵

最近、若いセックスレスカップルが増加しているといいます。以前は中年夫婦間だけの問題でしたが、今は若い世代でも起こりがちな問題になっているのです。 今回は、セックスレスカップルの間に愛はあるのか。セックスレス愛は成立するのか? について考えてみたいと思います。

続きを読む

性欲のない彼氏…強引に襲われたい女子のための必勝法

 by 西脇理恵

男性の草食化が叫ばれる昨今。 いつも何となく流れで始まるセックスじゃなくて、たまには強引に襲ってほしい! と思うのが女子の本音ですよね。 バイアグラや薬を使うのは気が引けるけど、彼の性欲を増すために女子側ができることをしたい! と思っているかたは多いのではないでしょうか? 必要なのはムード作りや言葉なのか、はたまたセクシーな下着なのか……? 今回は、彼の性欲を増したいと願う女子のためにアドバイスを送ります。

続きを読む

結婚していても解決しない! アラサー女性の憂鬱あるある

 by Gow!Magazine編集部

結婚をする前は、結婚さえすれば幸せになれると思っていた。ずっと結婚がすべてでゴールだと思って婚活をしてきた。しかしいざ結婚はしたものの、悩みは増えるばかり。今回は結婚してからのさらなる悩みをピックアップ。少しでも楽に生きられるヒントにしてほしい。

続きを読む

早く結婚したい人がやるべき5つの行動

 by Gow!Magazine編集部

気付けば結婚適齢期も過ぎて学生時代の友達はみな結婚し、私だけが残っている。早く結婚したいけれど、恋人がそんなに乗り気ではない。一体私はこれからどうなるの?と、ヤキモキしている独身女性も多いはず。今回は日々の生活下で彼の意識に結婚を刷り込ませる5つの行動をご紹介します。

続きを読む

自慢男のあしらいが婚活成功の鍵? 恋愛わらしべ長者を目指せ!

 by Gow!Magazine編集部

 口を開けば自慢ばかりする男性は数知れず。自分がどんなに優れた男であるかをアピールしているつもりなのかもしれないが、正直「うっとうしい……」というのが女子の本音。  だが、その一方で、自慢ばかりの男の中には、本当のことしか言っていないタイプもいるので、すべてを拒否ってはしまうのは惜しいもの。恋愛の機会は、こんなところに落ちているのかもしれないのです。

続きを読む

ひとりで頑張りすぎてない?甘え上手な女になる方法

 by 西脇理恵

自立した女性が増えたのか、男性に甘えられない女性は多いです。頭では素直に甘えることができる女性の魅力はわかっているけれど、なかなか男性に甘えることには抵抗があるもの。 では甘え上手になるにはどうすればいいのでしょうか?

続きを読む

嫌だから別れたのに…復縁って大丈夫?元彼と上手に付き合うには

 by 西脇理恵

年末年始の長期休暇の間で実家に帰省した人も多いはず。新年会や同窓会で久しぶりに元彼と再会し、恋愛熱に火がつくなんて話もよく耳にしますよね。 でもお互いに上手くいかず別れたのに、再び付き合って上手くいくのでしょうか?

続きを読む

セックス=愛じゃない!セックスレスは大した問題ではないのかも

 by 西脇理恵

私は10代の頃、付き合っている彼氏と会う時は必ずしなければ気が済まなかった人でした。それは性欲もさることながら、寂しさをそうすることで埋められると信じていたからです。 だけどそれは違いました。誰と寝たって、温もりで心が埋め尽くされるような感覚はなかったのです。喧嘩もセックスもたくさんした、そんな時代でした。 20代になり、結婚出産離婚をした後は恋には自由でしたが、やはりセックスは仕事の運気を上げたり、精力的な自分を作るための行為に近かったように思います。恋仲の殿方が来てくれても行為の後は「煙草を吸ってるうちに帰ってくれねえかなぁ」と本気で思っていましたし(笑)。 心の伴わないセッ…

続きを読む

身体さえあればいい、クリスマスを楽しむのに経済力は必要ない

 by 西脇理恵

プレゼントやケーキ、レストランの予約など何かと出費の多いクリスマス。 まだまだ景気が良くなってきているとは言えない昨今。恋人同士でクリスマスを思いっきり楽しみたくてもお金がついてこないものだ。 ならば恋人とのクリスマスは自分の身ひとつあればいいのではないだろうか? 考えてみてほしい、プレゼントと最高のセックスならどちらが男を喜ばせられるだろう?

続きを読む

男が浮気するのは女のせい?いつも浮気されてしまう女への処方箋

 by 西脇理恵

「いつも男に浮気されてしまう女」がいる。それは彼女に見る目がなく、浮気する男を選んでしまうからだ。 現代では草食系と肉食系男子の二分化が進んでいる。だから「男はみんな浮気をする生き物なのよ」なんて昔っぽい前提は通用しない。 つまり、男が浮気するのは女のせいなのかもしれない。浮気されない女になるためにはどうしたら良いのだろうか?

続きを読む

男に女の恋愛常識を押し付けるな!2人のルールを作るべき理由

 by 西脇理恵

「彼氏なんだから一日一通はメールしてくるべき」「彼氏なのに彼女にこんな扱いってない!」 そう女子は考える。 でもその常識は、男性にとっては非常識でしかないこともある。 なぜ恋愛の常識が男性にとっては非常識に感じられるのか? なぜこれらの常識は通用しないのか? この溝はどう埋め、どう乗り越えていけばいいのだろうか。

続きを読む

最も哀れなのは「忘れられた女」男の記憶に残る女になるためには

 by 西脇理恵

フランスの女性画家、彫刻家であるマリー・ローランの言葉に「死んだ女よりももっと哀れなのは、忘れられた女である」というものがある。 では、別れてもなお呪縛のように男の記憶に残る「忘れられない女」になれば最強に幸せになれるのではないだろうか? 今回は、恋愛で傷ついてきた女子のために、男性の記憶に残る女になって幸せになる方法について話したいと思う。

続きを読む

浮気することで彼氏への愛を再確認?矛盾する浮気女の行動の意味

 by 西脇理恵

愛する彼がいても、すぐによそ見をして他の男へフラフラ行ってしまう浮気女がいる。 普通の浮気女と違い、たちが悪いのは、彼に対しては罪悪感を抱きつつも「他の男を経験することで改めて彼の素晴らしさが再確認できるし、心も浮気してるわけじゃないからOK」と浮気を正当化している節があることだ。 こんな浮気女はどうして生まれるのか? また、どうしたら浮気をしなくなるのか。

続きを読む

大切にされたい!レンタル女、リース女、購入される女の違いとは

 by 西脇理恵

一泊二日でレンタルされ、すぐに返却されてしまう「レンタル女」。 一定期間そばに置いてもらえるけど、時期が来たら契約期間が切れて戻される「リース女」。 ずっとそばに置いておきたいと「購入されていく女」。 この、「購入される女」になるにはどうしたらいいのか? また、三者の違いとは?

続きを読む

アブノーマルプレイに興味あり!女の性癖は男に受け入れられる?

 by 西脇理恵

コスプレ、言葉攻め、オモチャ……女は男の性癖を受け入れる事で自分の愛を表現しようとする。しかし、その逆はどうだろうか? 女の中にも、変態的な性癖を持つ女性は存在する。彼氏に女装してほしい、彼氏をペニバンで攻めたいなど、アブノーマルな性癖は男に受け入れられる? カミングアウトしてもいい? 性にまつわる深い悩みを抱える女子は意外と多いもの。 今回は性癖を彼氏にも理解してもらいたい! と悩む女子のお悩みにお答えしていきます。

続きを読む

好きな男性に誘われ…感情に流されたセックスの先に幸せはある?

 by 西脇理恵

なんとなく「この人いいな」と思っていた男性から誘われ、感情に任せて流れでベッドイン。 一夜を共に過ごしてしまったら、もうその時点で男性は「簡単にヤレる女」という意識に変わってしまうのでしょうか? それともまだここから本命になれる余地はあるの? このような悩みを持つ女子の多いこと……。 今回は、付き合う前にヤッてしまったら、その先はあるのか? というお悩みに答えていきたいと思います。

続きを読む

若さへの執着はもう捨てて! アラサーからの美しい年の重ね方

 by 西脇理恵

これまでは若さを武器に生きてくることができたけれど、アラサーに突入して老いを感じ、それがストレスになってしまうという女性は少なくありません。 「もう若くない」とわかっていても、若さや年齢に対するこだわりを捨て切れず、若い子に嫉妬してみたり、美容やファッションにお金をかけて若作りしてみたり……と疲れるばかり。 年を取ることへの不安を乗り越え、自分なりのスタイルを確立し、美しく年を重ねていくためにはどうしたらいいのか?

続きを読む

賢者タイムを迎えたら後戯はなし?男女間の溝を埋める付き合い方

 by 西脇理恵

女はセックス後も彼にハグされることや甘い言葉をかけられるなどの奉仕を求める。 一方、男は一度射精して、いわゆる“賢者タイム”を迎えてしまったら女への対応は淡泊なもの。 ウザいのはわかるけど、終わった後も優しくしてほしい! この男女間の溝は一生埋まらないのでしょうか?  この気持ちを上手く処理するにはどうしたらいいの?

続きを読む