ワード「漫画」

  • 新着
  • 人気ランキング

これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集

 by Gow!Magazine編集部

みなさんは“TL”というジャンルをご存じですか? TLとは『ティーンズラブ』の略で、少女マンガでありながら、セックスシーンが大胆に描かれているコミックのことを意味します。 「ティーンズってことは、オトナが読んでもつまんないんでしょ?」とあなどってはダメ。 王子様みたいなイケメンキャラが強引に押し倒してきたり、昼ドラさながらの泥沼展開になったり……むしろアラサー女子の心をわしづかみにするオトナ要素が満載なんです!! 今回はそんなTLコミックの中から、全巻無料で読めるオススメ名作をご紹介しましょう☆

続きを読む

恋のはじめ方の教本!恋愛スイッチをONにするマンガ5選

 by ハラカナエ

大人になると恋の始め方を忘れてしまう女性って多いですよね。 大失恋がきっかけで「もうしばらく恋はしない」と言っているのならまだしも、独女をこじらせ「恋愛なんてめんどくさい」なんて言い始めたら危険! 年が明けたばかりなのに、周りが早くもバレンタインに向けて浮かれ始めている……なんて人も多いでしょう。憂うつな気持ちになってしまうのは、痛いほどよく分かります。しかし、不貞腐れていては今年もずっとおひとり様になってしまう可能性が……。 そこで、恋愛スイッチを入れるべく、最近話題の王道恋愛マンガを紹介します。

続きを読む

漫画ランキングNO.1!大人女子もホレる『俺物語』猛男の魅力

 by かぎあな

雑誌『ダ・ヴィンチ』が選ぶ「2013年上半期 Book of the year」の女性誌マンガランキングで1位に輝いた『俺物語!!』。 また、友達に勧めたくなる漫画を選ぶことをコンセプトにした「マンガ大賞2013年」にもノミネートされている、今注目の作品です。 高校一年生にして、大人女子たちのハートをむんずと掴んで離さない主人公・猛男の漢(オトコ)っぷりを紹介したいと思います!

続きを読む

もしや「こじらせ女子」?恋愛が上手くいかない女子の特徴13選

 by かぎあな

「こじらせ女子」という言葉をご存知ですか? 容姿に関係なく、「女子であること」に自信がない、ひねくれ気味の女子たちのことなのですが、このリアルなカテゴライズに対して多くの女性たちが共感を覚えているようです。 世間の女子の共感を反映するように「第4回an・an漫画大賞」に選ばれた『きょうは会社休みます。』(集英社/藤村真理著)はまさにこじらせ女子がヒロインの物語。 あなたも、女子をこじらせちゃってませんか? 漫画中のシーンから、こじらせ女子チェックリストを作成してみました。

続きを読む

非モテ女子はガッツで恋をつかめ! 「花沢さん」に学ぶ恋愛戦略

 by マツタヒロノリ

「磯野く〜ん! わたし、磯野くんのお弁当も作ってきてあげたわよ!」 彼氏、彼女の間柄でもないのに、カツオに「手作り弁当」という怨念度の高い代物を送りつけるハートの強さ。 これが「モテ女子」の行動ならまだ理解できますが、花沢さんはまごうことなき「非モテ女子」です。 その声はソウルフルにしゃがれ、顔立ちは個性的なアップノーズ、おまけに絶望的なくらい空気が読めないときています。 猪突猛進な恋愛スタイルは、ズル賢さを信条とするカツオでさえスルーするのが難しく「げっ、花沢さん!」と戦慄させてしまうほど。 いったいなぜ、花沢さんはあんなにもアグレッシブでいられるのか、そし…

続きを読む

人気マンガ『君と僕。』登場のキャラ系男子と付き合う恋愛テク

 by 柚木深つばさ

みなさん、現在『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載中の脱力系青春ギャグマンガ『君と僕。』(スクウェア・エニックス)を知っていますか?  個性的な男子高校生5人組の青春を描いたこの作品は、少女漫画のような雰囲気と、カッコよくてかわいい男性キャラクターが登場することで女性読者から人気を得ています。 2011年10月からはテレビ東京系にてテレビアニメ第1期が放送、2012年4月からは第2期が放送されました。 そこで今回は、『君と僕。』に登場する男子高校生5人を◯◯系男子に置きかえ、このような◯◯男子と付き合ったことのある女性たちの恋愛エピソードをご紹介したいと思…

続きを読む

少女漫画にありがちで現実でもありそうな「恋に落ちる瞬間」8選

 by 柚木深つばさ

恋に落ちる瞬間は、ある日突然訪れるものですよね。でも、恋愛から遠ざかりすぎて、どんな瞬間に恋に落ちるのか忘れてしまったというかたも多いはず。 そこで、少女マンガにありがちなシチュエーションで、現実にも落としこめそうな「恋に落ちた瞬間」を集めてみました。少しでも乙女のみなさまの心が、ときめきで満たされれば幸いです。それでは、どうぞご覧ください。

続きを読む