ワード「婚活・恋活」

  • 新着
  • 人気ランキング

続く関係を築くやり手女子のテク!婚活パーティですべき行動7選

 by ハラカナエ

年明け早々、「今年こそ彼氏を!」ということで、いたるところで婚活パーティーが開催されています。 そんな中、「パーティーに参加してもなかなかカップルになれない! どうして?」と嘆く女子を尻目に、必ず次に繋がる関係をゲットしている女子がいます。 いったいこの両者は何が違うのでしょうか? そこで、婚活パーティーの司会進行をしている友人に、その後に続く関係をゲットしている女子の行動を聞いてみました。

続きを読む

既婚男性がこっそり教えてくれた!「あえて結婚しない男」の特徴

 by 池田園子

わりと稼いでいて、見た目も悪くなく、適度に面白い。 結婚できるスペックを持っているのに、あえて「独身道」をたどる男性たちがいます。 彼らとはどれだけ長く一緒にいても、決してゴールインすることはできません。 そんな未来のない男性なら、付き合う前に見極めたい!  ということで、既婚男性たちが同性の視点から見た「あえて結婚しない男」の特徴を調査してみました。

続きを読む

自己愛に溺れている?「自分がない女」が結婚できないワケ

 by マツタヒロノリ

あなたは彼からの評価を気にしすぎるあまり、不安にかられたり、彼を束縛したりはしていませんか? もしそうだとしたら、自己愛にしばられた自分勝手な恋愛をしている可能性があります。 他者愛よりも自己愛が先に立つ恋愛は、決して長くは続かず、結婚にいたることはほとんどないでしょう。 今回はそんなあなたのために、恋愛とアイデンティティの深い関係をご説明します。

続きを読む

人生損してない?上手に甘えられないアラサー女の特徴と改善方法

 by ハラカナエ

仕事もできて美人なのに、彼氏ができない……。 そんなアラサー女子が世の中に溢れていますが、彼女たちに共通していることは、おねだりが苦手で我慢が得意ということ。 つまり、ビックリするほど甘え下手だということです。 筆者の周りにいる、上手に甘えられないアラサー女の特徴を分析し、甘え下手の改善方法を考えてみました。

続きを読む

イチかバチか!フラれそうな相手に仕掛ける「最後の手段」

 by 佐々木英造

相手が自分に興味がないと感じたり、別れを切り出そうとしているのがなんとなく分かったりすることがあります。恋が終わろうとしているときです。 そんなとき、別れたくないといくら駄々をこねても、ほとんどの場合がもとの鞘に納まることはありません。相手の気持ちを変えるのはとても難しい。この状況を一変させるには、覚悟を決めて最後の賭けに出る必要があります。 今回は、元No1.キャバ嬢で、現在はフリーライターとして活躍するナナミ・ブルボンヌさんに「フラれそうな相手に仕掛ける最後の手段」をお聞きしました。

続きを読む

それ、大丈夫?男性を部屋に上げる前にチェックすべきマイルール

 by ウラバナツミ

1人暮らしが長くなればなるほど、他人には見せられないマイルールが増えてきますよね。 「自分しかいないんだし、いっか」と少しの怠け心で生まれたマイルール。 いつしかそれが当たり前になり、変だと感じなくなってはいないでしょうか? 時期は年末。クリスマス前の合コンで出会った男性を急に部屋に上げることだってあるかもしれませんよ。 そんなとき、「ちょっと待って」と相手を待たせることなく男性を部屋に上げられますか? 今回は、今すぐチェックすべき! やっていたら男性に引かれること間違いなしのマイルールをご紹介します。

続きを読む

その優しさは優しくない!?女にとって「本当に優しい男」とは?

 by 杉本レン

女性の皆様、「優しい男性」は好きですか? 優しい男性が嫌いという女性はあまりいないですよね。 でも「優しさだけがとりえです」というような男性って、なぜだかつまらない……。 その理由は、その男性の「優しさ」は「優しくない」から。 実は、女性の考える「優しさ」と、こういった男性の考える「優しさ」には大きなズレがあるのです。

続きを読む

ザ・パジャマな寝間着に興奮!?男子が本当に喜ぶコスプレ6選

 by 池田園子

コスプレ好きを自称する男子は多い。 コスプレが「非日常感」を演出するため、興奮する材料となるのだとか。 というわけでコスプレ需要は多くあるようで、世の中にはいろいろなコスプレグッズが売られているけれど、実際どれがウケるの? 男子が「女子に着てほしい」と感じているコスプレを調査しました。

続きを読む

何であの子が結婚できて私はできないの?と思ったら読む言葉の薬

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。この記事が出るころには、2016年もそろそろ終わり。今年もお疲れ様でした。しかし何に疲れたって、私はタイムラインの結婚式に疲れました。アラサーにもなると友達の近況が結婚、妊娠、出産、結婚、結婚。スクロールするだけで独身の肩身が狭くなるようにできてて最低ですね! と、笑い飛ばせればいいんですが、笑った後で残る焦燥感。誰もができていることができていないんじゃないか、これでいいのか……という自問自答。独身でも輝いている女性はいる、でも私には「これがあるから」と言えるほどの何かもない。 人の幸せを祝うためには、こっちもある程度幸せじゃなきゃしんどい。と、年末…

続きを読む

ユルいアソコに男はがっかり…彼を離さない【膣トレ】の極意!

 by Gow!Magazine編集部

アソコの締まりに自信はありますか?自分では分かりづらい「膣圧」。それに彼氏にも、「私のアソコってユルい?」なんて面と向かって言えないもの。 彼氏のイってしまうタイミングがいつも遅かったり、途中で萎えてしまったり、または「もっと締めて」と言ってきたりすることはありませんか?それはもしかしたら、あなたの膣圧がちょっと足りていないのが原因かも…!

続きを読む

もう書いた?年賀状こそ結婚に近づく最強ツールな理由

 by ハラカナエ

最近は、メールで新年のあいさつを済ませるひとが増えていますが、日本古来のコミュニケーションツールである年賀状をあなどってはいけません! きちんと年賀状を出すことこそ、結婚への道に繋がる第一歩につながるかもしれないのです。

続きを読む

「その男、結婚する気無いよ」が分かる3つの条件

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。「プロポーズ せかして待てど 返事なく いきなり振られ 彼は結婚」思わずこんな短歌を冒頭から書いてしまうくらい、プロポーズ待ちの悲劇はアラサーあるあるです。現代百人一首があったら収録してほしいわい。そんな時、待ってた女が悪い風潮になるのって許しがたいですよね……! そこで今回の婚活戦略は、結婚する気がない男に見られる警戒サインをご紹介。あなたの彼が当てはまっていないか、こっそり深夜にチェックしてみましょう。

続きを読む

こんな女とは結婚したくない!度が過ぎるマザコン娘の特徴

 by 楓

近頃仲の良い友達母娘という枠を超えたマザコン娘、一卵性母娘とも言われる親子が増えてきています。 親子が仲が良いのは良いことですが、母親が子どもに依存または子どもが母親に依存しているかのように過度に甘えている母娘たち。 親と共依存関係の女性と交際している男性は、結婚したいと思っていても結婚を躊躇してしまうようです。 母親と仲がいいなんてほほえましく見えるのですが、そんな女性のどんなところが結婚を遠ざけてしまっているのか、男性に聞いてみました。

続きを読む

出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選

 by 池田園子

大手広告代理店やコンサル、IT企業などに勤務する、結婚相手にぴったりな有望株男子たち。 彼らは朝から夜中、はては朝方まで連日、超が付くほど忙しい働き方をしています。 実際に忙しく働く男子をゲットした女子たちから、彼らを落とすコツについて教えてもらいました。

続きを読む

もしや私って変態?ご無沙汰女子が興奮しちゃうモノ5選

 by 池田園子

性欲のスイッチが入るきっかけは十人十色。 とはいえ、日常的にセックスの機会があり、リアルで興奮できる彼持ち女子とは異なり、欲求が高まる一方なのがご無沙汰女子たち。 彼女たちが「これを見たら興奮してしまう!」というモノを尋ねてみました。

続きを読む

相手の本性を見極め!2回目デートでは男性のココをチェックせよ

 by 松原美穂

1度目のデートでいい感じだなと思った男性。 フィーリングが合うからといって、そのテンションでなんとなくお付き合いを始めてしまうと、後から相手の細かい粗が見えてきて一気に幻滅してしまうものです。 もちろんフィーリングも大事ですが、冷静に相手の細かい素の部分を見極めるには何を判断材料にすればいいのでしょうか。 ということで、今回は2回目に会ったときにチェックしたい男性のポイントをご説明します!

続きを読む

10人と会ってうまくいかなかったら、会う場所を変えよう

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。ある女性から「出会いを作っているのにうまくいかないんです」とオンライン相談所「恋愛障害の保健室」へのお話がありました。詳しくお伺いすると、なんと合コン100回以上へ参戦した努力家さん。彼女の婚活経験を書き記すだけで本すら出せそうです。 ところが彼女の好みを聞いていると、どうやら『逃げ恥』で流行りの絶食男子。合コンではなかなか出会えないタイプです。

続きを読む

口癖、束縛…危険な香りがしたら要注意!DVしやすい男性の特徴

 by 松原美穂

近年、DV(ドメスティック・バイオレンス)が社会問題となっています。 2000年ぐらいから、日本でもだんだんと認知度があがってきた犯罪で、近親者や、夫婦間の間に起こる身体的、精神的暴力のことです。 日本では、未婚の男女間に起こるDVを “デートDV”という名前で呼んだりもしますよね。 筆者は、DV被害者の1人です。 10年以上経った今だからこそ話せる話がたくさんあります。 他の誰にもこんな辛い思いはしてほしくないから、DVに遭ってほしくない。 「彼は絶対DVなんてしない」と思っていても、DV未経験者がDV予備軍を見分けるのは難しいもの。 今回は、ア…

続きを読む

憧れる?それとも犯罪?年下彼氏との年齢差の限界が調査で判明!

 by Gow!Magazine編集部

アラサーにもなると、ある程度の収入があったなら、年上男性に養ってもらう必要なんてない! むしろ年下の男子と結婚したほうが若さを吸収できていいかもしれません。 そこで今回はGow!マガジン読者にこんなアンケートを行ってみました。

続きを読む

婚活の成功率はたった4%!合コンでカップル成立を妨げる原理

 by マツタヒロノリ

婚活ブームの昨今、週末ごとに合コンに出かけるものの、いっこうに素敵な異性に出会える気がしないというあなた。 その直感は、残念ながら当たっています。 実は、合コンはもともと、結婚につながりにくい性質をもったイベントなのです。 社会学の「配偶者選択の原理」で、その理由を解説しましょう。

続きを読む