ワード「健康」

  • 新着
  • 人気ランキング

彼に言いたい…でも言えない!男の体臭・ムダ毛問題に迫る!

 by Gow!Magazine編集部

 男らしさの象徴のような胸毛も、それが苦手な女子にしてみれば嫌悪の対象でしかありません。特に最近は、女子以上に見た目に気を使う草食系男子も増えており、自然のままというのが受け入れられにくくなっています。でも「ここがイヤだな」と思っても、傷つけるのが怖くてなかなか言い出せませんよね。そこで今回は、彼を傷つけず、さりげなく気持ちを伝える方法をまとめてみました。

続きを読む

猛威を振るうウイルス…風邪を引いた彼をお見舞いする心得

 by ハラカナエ

インフルエンザやノロウイルスが、猛威を振るう季節になって来ました。国立感染症研究所が「今年のインフルエンザウイルスは、タミフルなどの抗ウイルス薬に耐性を持っている」と発表していることから、爆発的な流行も予想されているのだとか。 手洗いうがいで予防を心掛けるほかありませんが、彼が風邪をひいたと聞いて、思わず「チャンス!」と思ってしまうのは、乙女心ではないでしょうか? 体調を崩した彼を看病し、好感度を上げようという気持ちはよく分かりますが、そこには危険な落とし穴が潜んでいるようです。

続きを読む

これがあるとビッチ認定!?SEXにまつわる男のホンネ

 by Gow!Magazine編集部

男性が女性を脱がしたときに、やっぱり気になるのが「乳首」と「デリケートゾーン」。普段は隠れてみないところで、脱がしてみて初めて見ることができる場所。 そこでやっと見た「乳首」と「デリケートゾーン」がキレイだと、彼の感動もやる気もきっそのまま伝わってくるはずです。 そこで気になるのが印象。特に乳首やデリケート部分の「黒ずみ」は何とかケアしたいです。 「乳首が黒ずんでいる女性は遊んでいる」という俗説を信じる男性は少なくなっているとはいえ、肌を重ねる期間や回数が増えてくると、なんとなく使った分だけ黒く感じてしまうこともあります。キレイな女性らしいピンク色をした乳首に、やっぱり…

続きを読む

婚活以前に知っておくべき!自分の卵巣年齢と妊娠力

 by 楓

みなさんは、今の自分の妊娠力がどのくらいだか知っていますか? 卵子の数は産まれたときから決まっており、20〜25歳をピークに減少していきます。そして35歳になると急激に卵子の数は減少し、質も衰えていくため、35歳が妊娠のターニングポイントだといわれています。老化していく卵子は自然排卵しないだけでなく、排卵誘発にも反応しなくなるため体外受精や人工受精をしても卵胞が育たず、妊娠できないという結果になる場合が多いのです。

続きを読む

【盲点】今までニキビ跡が治らなかった原因が発覚!

 by Gow!Magazine編集部

綺麗な肌にとって一番の天敵である「ニキビ」。 ニキビ自体は治まっても、次に現れるのは厄介な「ニキビ跡」。 コンシーラーでもうまく隠せないニキビ跡……どうにか綺麗にしたい!! 実は最近の研究で、“ニキビ跡のケアに関する新事実”が明らかになったので、今回こちらでご紹介したいと思います! □ 1日に何度も洗顔をする □ 無添加石鹸や手作り石鹸で洗う □ ニキビに良いとされる色々な化粧品を試す □ 高い化粧品を試す 上記の4つの条件に1つでも当てはまれば、ニキビケアを諦める前にぜひ一度この記事を読んでみてください!

続きを読む

パック、ミストが乾燥肌の原因に!?スキンケアの嘘ホント

 by Gow!Magazine編集部

気温とともに湿度も下がり、お肌の乾燥の気になる季節がやってきました。 乾燥した空気は肌の水分を奪い、更に低い気温は身体を冷やし血行不良を引き起こします。 こんな季節だからこそ、念入りなスキンケアが大切ですよね。 でも、もしかしたらお肌の乾燥を招いているのはあなたの間違ったスキンケアが原因かもしれませんよ。

続きを読む

晩産化時代だから受けたい、35歳以上の新出生前診断

 by 楓

厚生労働省が発表した「人口動態統計」によると、初産の平均年齢が30歳を超え、35歳以上での出産が約4分の1を占めているという現状が明らかになっています。 日本国内の晩婚化・晩産化が進むなか、母親の血液を検査することで三つの染色体異常がわかる、新出生前診断の臨床研究が行われようとしています。

続きを読む

結婚までの第一歩!彼氏にタバコをやめさせる方法

 by Gow!Magazine編集部

恋人がいるけれど、どうしても結婚までの具体的な道のりが見えてこないという方は多いと思います。一緒にいて居心地はいいのに、まだ若干の距離がある。結婚のためには、この隔たりを埋める必要があります。 そこで意外と大きな弊害となるのが、タバコです。いまは平気でも、結婚して常に一緒にいるとなると、どうしても気にせざるを得なくなります。なんとかさりげなくやめさせる方法はないものでしょうか。 今回は、男性心理に詳しい、看護師でライターの大木アンヌさんに「彼氏にタバコをやめさせる方法」をお聞きしました。

続きを読む

嗅覚が弱い男性は性格に癖あり!?匂いが暴くオトコの本性

 by 溝野こねこ

一緒にいても、自分のワキやアソコの匂い、冬のブーツのムレた匂いが気になってしまう……。匂いに敏感すぎる男性と一緒にいると、気を使いすぎて疲れてしまいそうですよね。 しかし、匂いに敏感な男性は、実は人間的にはまともだということがある研究で判明! いったいどういうことなのでしょうか?

続きを読む

セックスで心身を健康に!中国四千年の奥義【房中術】とは!?

 by 佐々木英造

房中術(ぼうちゅうじゅつ)をご存知ですか? あまり耳馴染みのない言葉かと思われますが、房とは「寝室」を表します。つまり、寝室の中で行われる術。セックスを通して精神を集中させ、健康になる術を言います。 眉唾ものだと侮るなかれ。房中術は、あの楊貴妃も習っていたと言われる、とても歴史の長い、れっきとした健康法です。 同じようにポリネシアンセックスが話題になったのが数年前、そしていま新たに注目されているのが、この房中術なのです。 精神を集中させ、相手を思いやる房中術。現代のセックスにも役立ちそうですよね。 そこで今回は占い師の鵜妙 紫眞子(うたえしまこ)先生に、房中術の現代風アレ…

続きを読む

“恋わずらい”は薬物中毒と同じ!?知られざる恋煩いの魔力とは

 by つん子

恋煩い【恋わずらい】それは、誰かを好きになったことによって、まるで病気にかかったような症状が出ること。いわば“恋の病”。 彼のことを考えると、食事も喉を通らず夜も眠れない……ちょっとしたことで舞い上がったり、落ち込んだり……。 いったい何故、恋をするとこんな症状が現れるのでしょうか? その秘密は、なんと“脳内麻薬”にありました!!

続きを読む

朝からラーメン、パンケーキ…“パワー系朝ごはん”に栄養注意!

 by 浅川有紀

あなたは毎朝、どんな朝ごはんを食べていますか? 最近、巷では「朝ラーメン」、「朝カレー」、「朝パンケーキ」などのパワー系朝ごはんが流行しています。先日の『めざましテレビ』(フジテレビ)でも特集が組まれていました。 でも、これらの朝ごはんには気をつけなければいけない点があります。栄養バランスの面から、「パワー系朝ごはん」を分析してみました。

続きを読む

子宮頸がんの原因の99%がセックス!?全ての女性に緊急警告

 by 沢田七海

みなさん、子宮頸がんはセックスが原因ということをご存知ですか? 偏見やガセネタでもなく、恐ろしいことにこれは事実なのです! セックス経験のあるすべての女性が感染する可能性があります。 特に、不特定多数の男性とのセックス経験がある女性はその分、子宮頸がん発生リスクが高くなります。 まさか自分がガンになるなんて……なんてのんきな考えではいけません。その危険性と予防方法を解説いたします。 ※子宮がんには「子宮頚がん」「子宮体がん」の2種類がありますが、この記事は「子宮頚がん」についての内容となっています。

続きを読む

過度なダイエットは禁物!男子が痩せすぎ女性を好まない理由

 by 佐々木英造

美しいプロポーションを保つために、常日頃からダイエットをしているという女性は多いもの。せっかくモデルさんのような体型を心がけているのに、周りの男性や彼氏から褒めてもらえない、という悩みをお持ちではないですか? 実は、男性は細い女性よりも少しくらい肉付きのある女性を好む傾向にあるのです。それどころか『細い女性は、正直苦手』という男性も増えています。 せっかく美しい自分でいるための努力をしているのに、浮かばれません。 誰かのためではない、自分自身のためのダイエットだとしても、せっかくならパートナーに褒めてもらいたいものですよね。どうして男性は細い女性を好まないのでしょうか? …

続きを読む

マジ!?男は空腹時と満腹時で女性の好みが変わることが判明

 by きつたなお

お腹はぺたんこ、足はスラッと一直線、キュッと上がった小尻に引き締まった二の腕……こんなモデル体型に憧れる女性は多いですが、すべての男性に受け入れられる体型とは言えないかもしれません。 むしろ、痩せた女性よりも、ぽっちゃり体型の女性が選ばれる瞬間があるのです。 それを分けるのは、なんと男性が“空腹か満腹か”どうかということ。 このチャンスを生かすことができれば、少々肉付きのいい女性だって狙った男性を落とせる可能性が高まりますよ!

続きを読む

大人なのに人見知り…初対面の人と上手く会話をするコツ

 by yurichannel

人見知りというのは新しいコミュニティに参加するときに、大きなハンディキャップになります。新しい職場や学生生活が始まるときに人見知りしてしまっては、新しい環境でなかなか上手くいかなくなってしまいます。 人見知りと言えば生後半年から一年くらいから始まる子供のプロセスという感覚がありますが、意外にも大人になってから人見知りをしだしたという人も多いようです。 今回は、大人になっての人見知り克服法として初対面の人と上手く会話をするコツをお伝えします。コツをつかんで会話の弾む力を養いましょう。

続きを読む

知的なストレス解消法!読書でストレスが消える事実

 by yurichannel

通勤や通学、寝る前の少しの時間に読書をするという人も多いと思います。 みなさんは何のために読書をしているのでしょうか? 時間つぶし、教養をつけるため、趣味だからと理由は様々でしょう。 そんな何の気なしにしている読書で日ごろのストレスが解消されていたって知っていますか? そんな読書の知られざる効果についてお伝えします。

続きを読む

ブラのストレスは満員電車並み!空前のノーブラブーム到来か!?

 by Gow!Magazine編集部

女性の必須アイテムの「ブラジャー」。毎日のように着用する人もいれば、外に出ない休みの日には「ノーブラ」で過ごす人もいますよね。 人気下着メーカのピーチ・ジョンが、20代から30代の女性1000人を対象に実施した「ブラジャーに関する調査」では、「ブラジャーの締め付けによるストレスを、他のもので表すと、何と同じレベルだと思いますか?」という質問に対して、約32パーセントの人が「朝の満員電車並み」などと回答したそうです。相当なストレスだと思いませんか!?

続きを読む