ワード「モテテク」

  • 新着
  • 人気ランキング

【盲点】今までニキビ跡が治らなかった原因が発覚!

 by Gow!Magazine編集部

綺麗な肌にとって一番の天敵である「ニキビ」。 ニキビ自体は治まっても、次に現れるのは厄介な「ニキビ跡」。 コンシーラーでもうまく隠せないニキビ跡……どうにか綺麗にしたい!! 実は最近の研究で、“ニキビ跡のケアに関する新事実”が明らかになったので、今回こちらでご紹介したいと思います! □ 1日に何度も洗顔をする □ 無添加石鹸や手作り石鹸で洗う □ ニキビに良いとされる色々な化粧品を試す □ 高い化粧品を試す 上記の4つの条件に1つでも当てはまれば、ニキビケアを諦める前にぜひ一度この記事を読んでみてください!

続きを読む

この娘バカかも…男性をガッカリさせる意外な振る舞い

 by 佐々木英造

男性が交際相手を選ぶポイントとして、一般的には容姿や性格が挙げられます。どちらも良いに越したことはないですが、両方兼ね備えている人を求めるのは高望みしすぎ。多少の妥協はあるので安心してください。 しかし、容姿も性格も優れていたとしても、相手をガッカリさせてしまうことがあります。それが、バカ。学力の低さ、非常識な行動を垣間見ると、一気に冷めてしまうことがあります。 そこで今回は、元No.1キャバ嬢として男性を手玉に取ってきたナナミ・ブルボンヌさんに、「男性をガッカリさせる意外な振る舞い」をお聞きしたので、参考にしてください。

続きを読む

「やばい!たまらんっ!」男が興奮する女性のエッチの反応

 by 佐々木英造

男性はエッチの最中、ただ性欲のままに腰を振って、快感を得ているわけではありません。相手を観察し、反応をよく見て、気持ちを高ぶらせています。女性が気持ちよさそうにしていれば嬉しいし、もっと気持ちよくなって欲しいと思う。 だから女性も、男性の興奮をあおるような反応を見せれば、セックスはより充実したものになります。男性はそんな女性を愛おしく感じ、手放したくないと思うのです。では、いったいどんな反応を男性は好むのか。 今回は、元No1.キャバ嬢で、現在はフリーライターとして活躍するナナミ・ブルボンヌさんに、「男が興奮する女性のエッチ時の反応」についてお聞きしました。

続きを読む

理想のタイプがない…自分を理解していない恋愛難民増加中!

 by 杉本レン

「あなたの理想の異性のタイプは?」と聞かれたら、なんと答えますか? 「年収500万円以上で、身長が170センチ以上で、優しい人」なんて20代前半のころと同じような理想を語っても現実味がありませんよね。 アラサーともなると、自分が本当に相手に求めるべきものが見えてくるはず。 しかし、最近自分の理想のタイプがわからないという女性が増えているのです。いったいなぜなのでしょうか。

続きを読む

独身OL必見!社内恋愛の確率をあげる7つの習慣

 by マツタヒロノリ

婚活ブームの昨今、巷では街コンや結婚相談所が流行っていますが、それよりもずっと有力な出会いの場があるのを見落としていませんか? そう、職場です。 最近では減少傾向にあるものの、社内恋愛から結婚にいたるケースは多く、独身男女にとって優れた出会いの場であることは間違いありません。 というわけで今回は、社内恋愛の確率を上げる方法をご紹介します。

続きを読む

マンネリを乗り越える!血液型別【恋を継続するコツ】

 by かぎあな

数ヶ月前、暑い時期のテンションで勢いよく始まった恋。 できればこの恋をこれからの季節に向けて本格的に継続させたいと思っているひとは多いのではないでしょうか。 しかし、暑い時期はイベント盛りだくさんで楽しかったのに、秋から冬にかけての時期は、付き合いはじめて2〜3ヶ月というタイミングで、恋のマンネリ、倦怠感を感じるというのも現実です。 今回は、出会いから数ヶ月経ったふたりが深まる季節と同じように絆も深められるような「血液型別・恋を継続するコツ」を提案します。

続きを読む

モテ女はかわし方も一流!しつこい男の誘いを角なく断る方法

 by 佐々木英造

男性からのデートのお誘い。誰からでも嬉しいというわけではありません。本命の相手がいるときなどは、ほかの男性にあてる時間なんてありません。タイプでもなければ尚更です。 そんな相手は断ればいいのですが、なかなかストレートには伝えにくい。なるべくなら、さりげなくやんわりと、相手を傷つけずに断りたいですよね。一応、キープという状態にすることもできます。 今回は、元No1.キャバ嬢で、現在はフリーライターとして活躍するナナミ・ブルボンヌさんに「しつこい男性の誘いを角なく断る方法」をお聞きしました。

続きを読む

美人は三日で飽きるは本当だった!不美人の逆転心理テクニック

 by マツタヒロノリ

美人という生き物は、そこにいるだけで男心を幻惑します。 いかに性格が悪かろうが、ちゃらんぽらんだろうが、チヤホヤとお姫様扱いされるのです。 世の中って、本当に不条理ですよね。 しかし、童話「シンデレラ物語」が示すように、美人の役得にはタイムリミットがあります。 そして、そのメカニズムを制することができれば、不美人の姉たちにだって王子様奪回のチャンスは巡ってくるのです。 今回は心理学の「ゲイン・ロス効果」を応用した、不美人の逆転心理テクニックをご紹介します。

続きを読む

彼より後に寝てない?最初のお泊りでやってはいけないNG行動

 by 佐々木英造

彼氏との初お泊り。他の男性とこれまでにどれだけ経験があっても、初めての相手とのお泊りは、いつだってドキドキの一大イベントですよね。 お泊りは、二人の中をよりいっそう深いものにするきっかけにもなりますが、反対に、たった一晩で彼氏の気持ちを褪めさせてしまうことも考えられます。幸せの絶頂から一転、奈落の底まで突き落とされるような気分です。一夜の関係で終わってしまわないように、男性に引かれない振る舞いや心構えなど、きちんと知っておく必要があります。 そこで今回は、元No.1キャバ嬢で、ライターとしてもご活躍されているナナミ・ブルボンヌさんに、「最初のお泊りデートでやってはいけないNG行…

続きを読む

顔も収入も並以下…低スペックなのにモテる男の魅力とは!?

 by フランクひらがな

世の中にはなぜか異性にモテる人種がいます。 かつてはフェロモンという言葉でひとくくりに片付けられていましたが、そんな死語が通用するほど現代は甘くはありません。 その中でも注目したいのが、顔もスタイルもセンスも並以下で、さらに空気も読めない「低スペック」なのにモテるという男たちの存在。 あなたの周囲にもいませんか? いったいどうしてこんな現象が起こるのでしょうか? この謎を解明すべく、すべてが低スペックなのにモテる男について独自の視点で分析してみました。

続きを読む

男はビッチよりもピュアが好き!清純派っぽく演じる方法8選

 by 池田園子

男性は、基本的に自分より恋愛経験値の低い女性を好む。著者も最近出会った男性から、これまで付き合った人数を訊かれ「うーん、2人かな」と答えてみると「26歳で2人! 意外と少ないんだね」とニンマリされ、かなり喜ばれてしまった。やはり清純でピュアなほうがモテる。 そこで、男性への会話のなかで“ピュアっぽく見せる”テクニックをご紹介しよう。 【オススメ】キャベツじゃない!あの吉本芸人達も実践している野菜ダイエットとは?

続きを読む

オシャレだけど男ウケ最悪!?実は非モテな女子のこだわり

 by 佐々木英造

自分ではオシャレにしているつもりでも、周りの男性から不評だったり、全く気づかれなかったりすること、ありませんか? もちろん男ウケのためだけに着飾るわけではありませんが、どうせなら褒められたいし、モテたいものですよね。 そこで今回は、モテの権化であるキャバ嬢で、ライターとしてもご活躍されているナオミ・ブルボンヌさんに、「男ウケしない、実は非モテな女子のこだわり」について伺いました。

続きを読む

若さを売りにするのはNG!デキる男が絶対に選ばない女の特徴

 by 佐々木英造

女性が結婚相手の男性に求める条件として古くから有名なのが、3Kです。 「高学歴」「高身長」「高収入」の三拍子揃った男性が好条件。 なかでも「高収入」にいたっては、年々求める年収が上昇しています。 目指せ、玉の輿。みなさんは、高給取りな男性を落とす際、自分の何を売りにしますか? 「美貌」「料理」「夜のテクニック」「若さ」など、人によって様々なのではないでしょうか。 しかし、この中には一つだけ、優秀なビジネスマンなら誰もが避けてしまう“地雷女の特徴”が含まれています。 そんな「優秀なビジネスマンが絶対に選ばない女性の特徴」を知ることは、玉の輿を狙う上で必要不可欠。 そ…

続きを読む

無理そうな男性を振り向かせる!アラサー女子の禁じ手5選

 by ハラカナエ

気になる男性がいても、「どうせ自分に興味はなさそうだし……」と、すぐに恋を諦めてしまっていませんか? 確かに気のない男性を振り向かせるのは困難なことですが、決して不可能ではありません。男性が弱腰な昨今、待っているだけでは恋は始まりませんよ! そこで、あざといテクニックで、男性のハートを掴もうと試みた女たちの不屈の覚悟と度胸を紹介します。アラサー未婚女子の本気度を感じて、やる気をわけてもらいましょう!

続きを読む

理想は3人?彼女の「元カレの人数」に対する男子のホンネ

 by 佐々木英造

男女間でたびたび話題に上がる、恋愛経験。 なかでも「これまでに何人の恋人と付き合ってきたのか」という話は、いつの時代にも欠かせない不朽のテーゼです。 馬鹿正直に答えていいものか、少なめに言ったほうが良いのか、悩ましいところですよね。 もちろん人によって考え方や好みは違いますが、男性が好む人数の平均、無難な答えを知っておきたいもの。 そこで今回は、20〜30代前半の男性100人に、 「彼女の元カレ、何人が理想ですか?」 との街頭アンケートを実施。最も好印象な数と、理由を伺いました。 その集計から見えてきた男子のホンネと、最も好まれる人数をご紹介いたします。

続きを読む

セックスで心身を健康に!中国四千年の奥義【房中術】とは!?

 by 佐々木英造

房中術(ぼうちゅうじゅつ)をご存知ですか? あまり耳馴染みのない言葉かと思われますが、房とは「寝室」を表します。つまり、寝室の中で行われる術。セックスを通して精神を集中させ、健康になる術を言います。 眉唾ものだと侮るなかれ。房中術は、あの楊貴妃も習っていたと言われる、とても歴史の長い、れっきとした健康法です。 同じようにポリネシアンセックスが話題になったのが数年前、そしていま新たに注目されているのが、この房中術なのです。 精神を集中させ、相手を思いやる房中術。現代のセックスにも役立ちそうですよね。 そこで今回は占い師の鵜妙 紫眞子(うたえしまこ)先生に、房中術の現代風アレ…

続きを読む

「ブスで辛いけどモテたい!」おブス女子が美人に勝つ方法

 by マツタヒロノリ

「もっと美人に生まれてたら、人生楽しかっただろうな……」 なんて思っていても、何一つ良いことはありません! ひがみがコンプレックスに拍車をかけて、よりいっそうブスになるだけです。 しかし、ブスでも異性にモテて、幸せになる方法はちゃんとあります。 その魔法のテクニックをお教えいたしましょう。

続きを読む

過度なダイエットは禁物!男子が痩せすぎ女性を好まない理由

 by 佐々木英造

美しいプロポーションを保つために、常日頃からダイエットをしているという女性は多いもの。せっかくモデルさんのような体型を心がけているのに、周りの男性や彼氏から褒めてもらえない、という悩みをお持ちではないですか? 実は、男性は細い女性よりも少しくらい肉付きのある女性を好む傾向にあるのです。それどころか『細い女性は、正直苦手』という男性も増えています。 せっかく美しい自分でいるための努力をしているのに、浮かばれません。 誰かのためではない、自分自身のためのダイエットだとしても、せっかくならパートナーに褒めてもらいたいものですよね。どうして男性は細い女性を好まないのでしょうか? …

続きを読む

ブスなのにモテ女!岡本太郎の母・かの子のトンデモ恋愛遍歴

 by 海猫

今年は岡本太郎の生誕100周年ということで、彼が何かと話題に上ることが多いですね。しかし、岡本太郎の母親はとんでもない恋愛遍歴を持っていることはあまり知られていません。 夫公認で彼氏と同居する『一妻多夫』など、愛が爆発していたエピソードをご紹介いたします。

続きを読む