ワード「女性」

  • 新着
  • 人気ランキング

あなたの職場にも…30代独女のドン引き“困ったちゃん”まとめ

 by ハラカナエ

上司や後輩、同僚といろいろな力関係が交差するのが職場。仲良くなり過ぎるのも、終始無言なのもイヤなので付かず離れずの距離を保ちたいところ。 しかし、そうはさせてくれないのが職場の「困ったちゃん」。とくにアラサー独女はとても面倒くさく、彼女らを敵に回すほど恐ろしいことはありません。 そんな困ったちゃんに振り回された、トホホなエピソードを紹介します。

続きを読む

後悔しかない…死にたくなるくらい恥ずかしい別れのエピソード集

 by Gow!Magazine編集部

恋は盲目とは言いますが、恋愛真っ最中は相手のことを好きすぎるあまり、周りが見えなくなってしまうこともしばしばです。 それゆえに、相手から別れを切り出されたときのショックは絶大。 「あんなに愛し合っていたのになぜ?」と呆然とし、ありえない行動に走ってしまった女性たちがいたのです。

続きを読む

モテ女はかわし方も一流!しつこい男の誘いを角なく断る方法

 by 佐々木英造

男性からのデートのお誘い。誰からでも嬉しいというわけではありません。本命の相手がいるときなどは、ほかの男性にあてる時間なんてありません。タイプでもなければ尚更です。 そんな相手は断ればいいのですが、なかなかストレートには伝えにくい。なるべくなら、さりげなくやんわりと、相手を傷つけずに断りたいですよね。一応、キープという状態にすることもできます。 今回は、元No1.キャバ嬢で、現在はフリーライターとして活躍するナナミ・ブルボンヌさんに「しつこい男性の誘いを角なく断る方法」をお聞きしました。

続きを読む

意外と多い?「結婚しないほうが幸福な女子」判別法

 by フランクひらがな

ライフスタイルが多様化して「女の幸せ=結婚」という方程式が崩れつつあります。 婚活ブームにのって、なんとなく「結婚しなきゃ」と思っていませんか? じつは結婚しないほうが幸せな人生になるかもしれません。 そこで今回は「結婚しない方が幸せなひと」について、リサーチしてみました。あなたはいくつ思い当たるでしょうか。そこから、あなたのタイプも判別できるはずです。

続きを読む

美人は三日で飽きるは本当だった!不美人の逆転心理テクニック

 by マツタヒロノリ

美人という生き物は、そこにいるだけで男心を幻惑します。 いかに性格が悪かろうが、ちゃらんぽらんだろうが、チヤホヤとお姫様扱いされるのです。 世の中って、本当に不条理ですよね。 しかし、童話「シンデレラ物語」が示すように、美人の役得にはタイムリミットがあります。 そして、そのメカニズムを制することができれば、不美人の姉たちにだって王子様奪回のチャンスは巡ってくるのです。 今回は心理学の「ゲイン・ロス効果」を応用した、不美人の逆転心理テクニックをご紹介します。

続きを読む

性欲が異常に強くて困っている女子へのアドバイス

 by 杉本レン

「男ってどうせヤリたいだけの動物でしょ」 なんてガールズトークに、まるで自分のことを指摘されているかのような居心地の悪さ……。 これに心当たりのあるあなた、「自分の性欲は異常なのかも……」と恥ずかしく思っていませんか?

続きを読む

女の浮気は即アウト!「男は女の浮気を許せない」という事実

 by Gow!Magazine編集部

男性は「生物学的に浮気性」という言い訳のもとに、浮気がバレても開き直ったりします。 しかし、女性が浮気した場合、男性は烈火のごとく怒り出します。 女性が浮気をした場合、許してもらう方法はあるのでしょうか? 心当たりがあって冷や冷やしている女性のために、浮気された彼氏の心理をもとにその方法を探ってみます。

続きを読む

実は大歓迎!?女子の一人エッチに対する男子のホンネ

 by 佐々木英造

突然ですが、あなたは一人エッチをしていますか? 性に関するアンケートは日々行われていますが、中でも頻繁に行われているのが「一人エッチ」に関する調査です。それによると、男性のほとんどは経験がありますが、女性の経験率は3割程度が一般的なようです。 このように、一人エッチをする女性は少数派です。もしも彼氏や意中の男性があなたの一人エッチを知ったら、どのような印象を受けるのでしょうか。ふしだらに思われてしまうのか、それとも歓迎されるのか……気になるところですよね。 そこで今回は、日夜様々な男性に“性愛”に関するインタビューを重ねることで、男性のホンネを知り尽くしたライターの塚田牧…

続きを読む

疲れた女性に読んでほしい!浅田真央のド根性物語

 by 杉本レン

自分の努力が報われないとき、理不尽なルールに従わなくてはいけないとき、がんばり続けるのがつらくなってしまったとき。 こんなとき、みなさんならどうするだろうか? もし、力が出なくなってしまったら、浅田真央という女性の人生を見て欲しい。 とてつもなく勇気を与えてくれる。 無邪気でキュートな笑顔の裏に隠された、壮絶な努力の物語をご紹介しよう。

続きを読む

ちょっと火遊びのつもりが…彼氏に浮気がバレたときの対処法!

 by Gow!Magazine編集部

どんなにラブラブなカップルだって、浮気がバレたらそこで終了。 修羅場になるならまだいいほうで、あっさり捨てられるのがだいたいのオチです。浮気なんて、そんなリスキーなことするもんじゃないですよ! とはわかっていても、「たまには誰か彼氏以外の男と遊びたいわ、ヤラなきゃいいのよ、ヤラなきゃ」が女の本音。会うだけだから、浮気の感覚ではないという女子も多いようです。 それでもなんだかんだで流され、結局ヤッてしまい、終わったあとに後悔する。  結局浮気がバレちゃったけど、今カレとは別れたくない……!  そんな女子たちの身勝手な叫びにお応えして、浮気がバレたときの対処法を紹介し…

続きを読む

医者の妻に聞いた!ハイスペックな医師男子に選ばれる女性とは?

 by 杉本レン

社会的ステイタス・経済力ともにずば抜けて高い『医師男子』は女性たちの憧れ。彼らはあまりにもモテるので、ちょっと容姿がキレイなくらいではなかなか本命になれないのが現実です。 では実際に、どんな女性なら医師男子を射止めることができるのでしょうか? 医師男子と結婚した「医者の妻」たちにリサーチしてきました。

続きを読む

決めつけないで!女性に対する“男の勝手な思い込み”まとめ

 by Gow!Magazine編集部

男と女、お互い様ではありますが、男の人の言動で、「それ、女の人に対する思い込みだよな〜」と、思うことはありませんか? そうあって欲しいという幻想なのか、または、過去に女の人がその幻想に付き合ってくれていたのか? 今回は「いや、私違うんだけどな…」と思った実例をご紹介します。

続きを読む

胸?足?イマドキ男子がグッとくる女子の露出部位ランキング

 by 佐々木英造

胸元の開いた洋服を着ていると、男子の目線がそちらへ泳ぐのがわかります。気になる男子を落とすために、色仕掛けでわざと胸元のあいた服装をする方も多いのではないでしょうか。 しかし、男子がついつい見てしまうのは、胸だけとは限りません。三者三様の好みがあるはず。胸に自信のない方も、思い切って露わにできる男子の好きな部位があるかもしれません。 そこで今回は、20〜30代の男性をターゲットにアンケートを実施。男性がグッとくる女性の露出部位を伺いました。その結果を、ランキング形式で発表いたします。

続きを読む

女子のオス化が進む時代!自分がオッサン化したと思う瞬間

 by 池田園子

草食男子の増加に伴って、女子が強くなっている現代日本。「女子のオス化」という言葉もいたるところで耳にするようになりました。 NECが未婚女性500人(25〜35歳)に対して行った意識調査では、60%が「自分がオス化している」と感じることがあり、3人に1人は「奥さんや秘書がほしい」と思ったことがあり、さらに15%が「あごにヒゲが生えた」と回答したという驚きの結果も出ています。 かくいう筆者も時折ポツッとあごヒゲ(?)が生えているのを発見したり、女友達に「ヒゲ生えてるよ」と指摘したりと、自らのオッサン化に危機意識を抱いています……。これも一説には働き過ぎが原因とも言われているよう。 …

続きを読む

理想は3人?彼女の「元カレの人数」に対する男子のホンネ

 by 佐々木英造

男女間でたびたび話題に上がる、恋愛経験。 なかでも「これまでに何人の恋人と付き合ってきたのか」という話は、いつの時代にも欠かせない不朽のテーゼです。 馬鹿正直に答えていいものか、少なめに言ったほうが良いのか、悩ましいところですよね。 もちろん人によって考え方や好みは違いますが、男性が好む人数の平均、無難な答えを知っておきたいもの。 そこで今回は、20〜30代前半の男性100人に、 「彼女の元カレ、何人が理想ですか?」 との街頭アンケートを実施。最も好印象な数と、理由を伺いました。 その集計から見えてきた男子のホンネと、最も好まれる人数をご紹介いたします。

続きを読む

独身女よ目を覚ませ!結婚できない女が陥りやすい「出会い願望」

 by フランクひらがな

2016年も残すところ3ヶ月、実りの季節の到来です。 ところでみなさん、出会いの方の収穫はいかがでしょうか? なかには「今年もいい出会いがなかった」と嘆いているかたもいることでしょう。実はそれ、理想が高すぎて、せっかくの出会いを実らせていないだけかもしれません。 結婚できない女が陥りやすい出会い願望をご紹介します。

続きを読む

“恋わずらい”は薬物中毒と同じ!?知られざる恋煩いの魔力とは

 by つん子

恋煩い【恋わずらい】それは、誰かを好きになったことによって、まるで病気にかかったような症状が出ること。いわば“恋の病”。 彼のことを考えると、食事も喉を通らず夜も眠れない……ちょっとしたことで舞い上がったり、落ち込んだり……。 いったい何故、恋をするとこんな症状が現れるのでしょうか? その秘密は、なんと“脳内麻薬”にありました!!

続きを読む

「ブスで辛いけどモテたい!」おブス女子が美人に勝つ方法

 by マツタヒロノリ

「もっと美人に生まれてたら、人生楽しかっただろうな……」 なんて思っていても、何一つ良いことはありません! ひがみがコンプレックスに拍車をかけて、よりいっそうブスになるだけです。 しかし、ブスでも異性にモテて、幸せになる方法はちゃんとあります。 その魔法のテクニックをお教えいたしましょう。

続きを読む