ワード「夫」

  • 新着
  • 人気ランキング

好き…でも「ウッ!」一瞬引いちゃう彼の○○への対応方法4選

 by Gow!Magazine編集部

 男らしさの象徴のような胸毛も、それが苦手な女子にしてみれば嫌悪の対象でしかありません。特に最近は、女子以上に見た目に気を使う草食系男子も増えており、自然のままというのが受け入れられにくくなっています。でも「ここがイヤだな」と思っても、傷つけるのが怖くてなかなか言い出せませんよね。そこで今回は、彼を傷つけず、さりげなく気持ちを伝える方法をまとめてみました。

続きを読む

ムクムクムク!! 男性の「萎えた性器」を復活させる魔法4つ

 by 佐々木英造

興奮や快感を味わったときは力強く勃ち上がる男性器も、その勢いをずっと保てるわけではありません。時間が経てば感情も冷めて萎えていきます。年齢を重ねるほどに、勃起している時間も短くなるでしょう。 セックスが終わると、もう翌日まで復活できない。二回戦なんてとんでもない。なかには、一回戦目すら途中でギブアップしてしまうような方もいます。女性としては寂しくもあり、手伝えるものなら何かしてあげたいと思うでしょう。 今回は、女性だけでなく男性の肉体や心理に詳しい看護師の大木アンヌさんに、「男性に萎えた性器を復活させる方法」をお聞きしました。

続きを読む

ハイスペとしか結婚したくない!スペック中毒になる女子の落し穴

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。人生相談を承って早数年、気づけば600名以上のお悩みを聞かせていただきました。その中でも婚活相談は「彼氏できました!」「結婚できました」と成果をご報告いただけることも。どんなアドバイスも実行されなければただの文字列。成婚されたのは努力された淑女のみなさまによる実力です。 ただ、婚活は「努力すれば必ずうまくいく」ものではありません。お目当てのタイプがいない場所で婚活へ励んだり、自分の好みと違うのに世間体がいい男性と追い求めたりしても、成就する可能性は低くなります。その中でも今回は「ハイスペック男性じゃないと無理」になってしまったハイスペ中毒の女性について書い…

続きを読む

メシマズ嫁が原因で離婚!?驚愕のメシマズ実話

 by 郷雷子

「未婚男女の9割が、結婚後は手料理が食べたいと考えている」という、なんともほっこりさせてくれる調査結果が発表されています。 しかしそれが“メシマズ嫁”だったらどうなるのでしょうか……。 健康被害が出てしまったり、ひどいときには離婚の引き金になるような深刻な“メシマズ嫁”のエピソードをご紹介しましょう。

続きを読む

3組に1組が別れる時代!結婚前にやっておきたい離婚度チェック

 by 杉本レン

日本の離婚率はここ数年35%前後を維持しています。つまり、結婚しているカップルの3組に1組は離婚するということになります。 せっかく縁あって結婚したのだから、できれば離婚に至りたくはないですよね。私ってわがままだから、将来離婚しちゃうんじゃないかしら? そんな心配をしているアナタ、ぜひ「将来離婚しちゃうかも度チェック」をお試し下さい。

続きを読む

妊活中に40%のカップルがトラブる!…妊活のリアル

 by Gow!Magazine編集部

 妊活や妊娠って実際にどんな感じなの? インターネットやスマホで調べてみればなんとなくはわかるけど、もっとリアルな情報を知りたい……。そこで、今回は実際にバイエル薬品株式会社が全国の妊娠中・妊娠計画している25〜44歳の男女それぞれ300名にアンケートを取って判明した、リアルな情報を紹介します。

続きを読む

会わないほうが燃える!セックスレスに有効?夜の営み調査で発覚

 by 溝野こねこ

ある往年のヒット曲でも『会えない時間が 愛育てるのさ〜』と歌われていますが、これは本当だったようです! 近くに暮らす、または同棲して毎日イチャイチャしているカップルよりも、離れているカップルのほうがセックスの回数が多いということがある調査によって判明しました。その詳細をご紹介します。

続きを読む

弁護士もびっくり!離婚裁判で遭遇した男性のありえない発言3選

 by きつたなお

「この人となら一生やっていける!」 そう思って結婚に踏み切る方は多いでしょう。 ところが、いざ結婚生活が始まってみると「マザコンだった」「不倫癖がある」「DV男だった」などなど、結婚してはじめて男性の本性が現れるケースもあるもの。 そんなろくでもない男は、離婚する最後の最後までろくでなし! 今回は、離婚裁判で男性が言い放ったトンデモな発言をご紹介します。

続きを読む

結婚して後悔!離婚経験者だけが知る意外なチェックポイント4つ

 by 佐々木英造

結婚を決める際、相手の男性に求めるポイントはいくつありますか? もちろん人によって琴線が異なりますが、「収入」「容姿」「家柄」を重要視するかたが多いようです。 でも、ちょっと待った! 運命を感じた相手と結婚したにも関わらず、悲しくも離婚してしまった先輩たちに言わせれば、重要なポイントは、もっと他にあるのです。 今回はその中でも、ユニークでありながら、「うん、うん」と頷ける妙な説得力のあるチェックポイントを、いくつかご紹介いたします。

続きを読む

奥深くに快感が!? セックスはマンネリ化した方がいい理由4つ

 by 佐々木英造

恋人と長く付き合っていくうちに、どうしても問題になりがちなのが「セックスのマンネリ化」です。 彼のことを心から愛していても、なんだか同じようなセックスばかりで飽きてしまう。そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 巷にはセックスのマンネリ化を解消する術を教える本や記事が多くありますが、ちょっと待って! セックスのマンネリ化は、本当に悪いことばかりなのでしょうか!? 今回はセックスのマンネリ化が悪くないと思える理由をご紹介します。

続きを読む

エッチより気持ちイイ!男の子がメロメロになる「キスのやり方」

 by 佐々木英造

好きな男の子をメロメロにしようと、エッチのテクを磨いてはいませんか?  確かに男子はエッチが大好きですが、エッチを女の武器として使うには、注意が必要。どんなに気持ちいいエッチを披露しても、「やってやったぜ!」という達成感をもたせてしまうため、すぐ捨てられてしまったり、単なるセフレにされてしまったりするリスクもあるのです…。   男の子をメロメロにするのに、エッチまですることはありません。「キス」だけで十分。 むしろ、「惚れさせる」のだったら、キスのほうが適しているともいえます。 そこで今回は、男の子をメロメロにしてしまう「キスのやり方」をご紹介いたします。 舌が不器…

続きを読む

婚活女子のシビアな時間制限:相手へ妥協せず結婚できる方法

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。結婚したい女子が必ず気にしているのが「相手の条件」。価値観が合う人じゃないと、相手の年齢や身長も気になるし、あといくら相性が合っても同居はダメ! もちろんこういう条件も大切です。今までの連載 では特に理想像を考える重要さを伝えてきました。 もう誰と結婚すればいいか分かっているあなたにこそ、誰もが忘れがちな婚活で最も重要な要素を伝えます。 婚活で一番大事なものは「時間」です。

続きを読む

結婚してもよいバツイチ男とやっぱりダメなバツイチ男

 by Gow!Magazine編集部

「バツイチ男性はモテる」ということが、通説になりつつあります。 一度、結婚を経験している男性からは、人生の大きな決断をしたことで、婚姻歴がない男性より経験値が高く、酸いも甘いも乗り越えて今ここにいるという頼もしさを感じるからです。 さらには「結婚の段取りを把握している」「結婚に対して無駄な理想がない」「自分のダメな部分を理解している」「修羅場を経験しているから器が大きい」「女性を怒らせるポイントを心得ている」「結婚に対して責任の大きさをわかっている」など、これからパートナーになる人として、バツイチ男性には魅力的な部分が多くあるようです。 とはいえ、バツイチだから誰でも次の結婚…

続きを読む

3年以上付き合った彼氏との結婚は、もう諦めよう

 by 小山 晃弘

アラサー女子に多い「数年付き合った彼氏と結婚できない」という悩み。 「何年も交際して絆も深まったんだから、そろそろ結婚できるはず」なんて、無根拠に思い込んでいませんか? その彼氏、実は結婚不良債権かもしれませんよ。

続きを読む

好きな人と結婚したいタイプが違ったら「好き」を取るべき理由

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。「運命の人を、自分で見つける」賢い婚活をお伝えする本連載では、前回までに理想の彼と出会う方法を指南してきました。しかしここで問題です。「結婚したい彼の条件と、好きになるタイプが違う」場合はどうすればいいでしょうか。

続きを読む

ファンキー加藤に学ぶ!不倫しても袋叩きにされない方法

 by Gow!Magazine編集部

こんにちは、Gow!Magazine編集部です。 今年はベッキーと川谷絵音(ゲスの極み乙女)の不倫問題に始まり、狩野英孝と川本真琴・加藤紗里の三角関係が露呈……芸能人たちの奔放な恋愛事情で話題が尽きませんね! そんな中、元FUNKY MONKEY BABYS(ファンモン)のファンキー加藤が、妻子持ちでありながら妻以外の女性を妊娠させていることが発覚! しかも相手はお笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣の元妻だというから驚きです!! でも、どうやら世間の反応が、ベッキ―のときとは随分違うようです。

続きを読む

理想の彼と出会える場所はどこ?婚活の未来を左右する市場探し

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。運命は自分で作れる!賢い結婚へのサクセスストーリーをご案内する婚活戦略では 結婚したい彼の理想像を最初に考えてもらいました。そこで今回はそんな彼に出会うための場所を考えていきましょう。

続きを読む

後悔しないために知っておきたい! 結婚後に豹変する男性の特徴

 by Gow!Magazine編集部

   世の中の主婦が口を揃えて言うのが「結婚前は優しかったのに」というセリフ。もっとも、これはお互いさまで、男性は男性で「昔はもっとかわいかったのに……」と嘆いているケースが多いです。しかし、こんな風に単なる愚痴では済まされないほど豹変してしまう男性もいるので要注意。今回は、結婚したとたん女性を大切にしなくなる男性を見抜くコツをまとめてみました。

続きを読む

ぶん殴りたくなる男の自慢話、その原因は男性ホルモンにあった

 by 小山 晃弘

『俺、高校の時ワルでさー』から始まるクソみたいな自慢話を合コンの度に聞かされている全国の女性のみなさんこんにちは。「男はなぜカスみたいな自慢話を繰り返し聞かせてくるのか」問題対策担当者の小山です。 多いですよね、男の自慢話。 典型的な「昔はワルだった」自慢から、20代中盤くらいになると増えてくる「俺はこんなに仕事で活躍してる」自慢、社会人デビューの元ガリ勉野郎に多い「学歴・当時の模試の偏差値」自慢、他にも家柄自慢、モテ自慢、筋肉自慢、車自慢、家柄自慢、昔やった伝説()自慢…などなどなどなど。 様々な種類の自慢話がありますが、どれも内容が薄く聞いててクソつまらないことだけは…

続きを読む

「結婚したい」って呟いてるけど、相手のイメージできてますか?

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。 10代の頃、物憂げに窓枠へ顔を乗っけては「彼氏ほしい……」と呟いていた私たちも、気付けばアラサーでございます。ハタチを過ぎた頃からダッシュで駆け抜けたこの10年、オフィスの机に突っ伏して「結婚したぁい……」って呟いていませんか? 乙女よ、成長しよう。 彼氏欲しいと呟いても彼氏ができなかったあの頃と同じように、結婚したいと呟いているだけじゃ結婚できません。 といっても、あなたが悪いのではありません。結婚相手を詳しくイメージさせてこなかった、この世界が悪いんです。なぜ成人式で「結婚する相手のイメージを明確にしよう」と教えてはくれなかったのか…

続きを読む