ワード「結婚」

  • 新着
  • 人気ランキング

【カナウ】日本最大級の無料占い&コラムサイトがオープン!

 by Gow!Magazine編集部

命短し恋せよ乙女……使い古された言葉ですが、いつの時代も女性にとって「好きな人と結ばれること」「愛する人と結婚すること」は、最重要課題です。 だって、オンナですもの。幸せになりたいじゃないですか! 女性としての魅力を存分に認められて、好きな男性から可愛がられて、いつも愛に包まれていたいですよね。 そんな、女性たちの恋愛と結婚の願いを叶えるサイトが、遂にオープンしました。 その名も……【カナウ】!

続きを読む

ダメ男に引っかかって失う一番大きな資産は「友達」です!

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。昔は「人脈を広げる」という言葉がちょっと苦手でした。相手を利用するためだけに出会いを増やしているような自己中さを感じたわけです。 それから年を取って私もふてぶてしくなり「互いに付き合って良さのない相手なら友達とは呼べないわな」と思ってからスッキリした覚えがあります。特に昔から付き合いのある友人は貴重。腹を割って話せる相手はお金に代えがたい資産です。 で、友人という資産は溶かすのも簡単です。年月がたつとライフスタイルに差が出てきますし、そこで「やっぱり合わないかも」と疎遠になってしまうこともあれば、「この子、こんなヤバい子だっけ」とドン引きの上、静かに…

続きを読む

結婚の憧れも吹っ飛ぶ…挙式前に起きてしまった悲惨なトラブル

 by 柚木深つばさ

パーマの失敗で結婚式が台無しになった、というニュースがネット上で話題になっています。なんでも高松市の女性が3回に渡り、県内の美容室でパーマを受けたところ、毛先から25センチ以上がチリチリに。やむなく15センチ分、髪の毛を切らなきゃいけない状態になってしまったのだとか。 これに対し、女性は結婚式を控えており、お色直しの計画を変えざるを得ないとして、美容院に約490万円の損害賠償を求めているよう。挙式前のトラブルが裁判に発展してしまう、なんとも悲惨な事件ですが……。結婚式は一生に一度のイベントだけに、その分こだわりが強い女子も多いのでは? 今回は、そんな不幸にも挙式前に起きてしまっ…

続きを読む

なぜモテる?日本人が国際結婚に向いている残酷な理由

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。一昔前に「ビッグデータ」という単語が流行りました。普通のコンピュータでは解析しきれないほどの膨大なデータを分析すると、人がどう行動するか複雑な行動も判るというものです。 今は大企業で顧客研究や開発設計のために使われていますが、この世に「ビッグデータを使ってみんなの恋愛を分析したらどうなるだろう?」という面白い研究をした人がいます。クリスチャン・ラダーという出会い系サイトの管理者が、自社を知るためにビッグデータの分析を行いました。 全ての分析は書籍をご覧いただくとして、その中に日本人こそ知っておきたい情報がありました。アジア人の女性は、他の人種と比べて…

続きを読む

別れる力こそ結婚に必要!結婚できない女性はダメ男と別れない

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。結婚できなくなる女性って、どんな人だと思いますか? 誰もが気になるキーワードなだけあって、Googleで打ち込めば悲しいくらいに多くのリストが出てきます。ざっと並べてみましたので、ストレスを受けたくない方は次の見出しまでスクロールしてください。 ・受け身 ・理想が高い ・隙が無い ・自立している ・わがまま ・暗い ・ブス なんか、読んでるだけで死にたくなってくるんですが。これを読んで「そっか、私は受け身で理想が高いブスなんだ、婚活がんばろ!」って誰が思うんだろう。むしろ結婚をあきらめたくなるような批判の嵐。

続きを読む

バツイチ男子は優良物件!見逃して婚活を終えることなかれ

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。婚活で女性が深く考えずに「ムリ」と足切りしている項目があります。 たとえば実家暮らし、喫煙者、多額の借金ありといった条件は「好み・好みじゃない」と話題に上がることすらなく婚活相手の条件から外されていることがあります。実家暮らしでも家事が完璧な男性もいれば、喫煙者でも3日に1本しか吸わないライトスモーカーもいるにも関わらず、です。 そしてこんな条件と並んで無意識に女性から足切りされがちなのがバツイチ。結婚相談所では驚くほど多くの女性が無意識に男性を「初婚のみ」で絞り込んでいます。しかしバツイチ男性こそ、あなたが狙うべきブルーオーシャンかもしれません。

続きを読む

幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ

 by Gow!Magazine編集部

そこそこモテるし、彼氏もいるけどなぜか結婚に繋がらない。 「好き」とは言われるけど「結婚して欲しい」と言われたことがない。 そんな悩みをもっている女子のみなさま。 それは、あなたの言葉の中に結婚を遠ざける「3Dワード」が含まれているからかもしれません。

続きを読む

本気で結婚したいなら合コンに行ってはいけない本当の理由

 by Gow!Magazine編集部

最近では相席居酒屋や気軽に出会えるBar、街コンや合コン喫茶店など、出会いに積極的な市場になっています。 でも出会いの場はあっても、なかなか結婚につながる相手を見つけるのは難しい……。 出会いの場へアクティブに参加できるあなたも、なかなか出会いの場に積極的に参加できないあなたも、もっと「結婚相手」を見つける確率を上げてみませんか?

続きを読む

コーヒーを高く売る戦略!スターバックス型婚活テクニック

 by マツタヒロノリ

「もうアラサーだから夢も見てられないし、早いとこ適当な男みつけて結婚しなきゃ!」なんて焦って、自分を安売りしてはいませんか? そんな発想では幸せな結婚は遠ざかるばかり。 変な男を捕まえてしまい、後悔するのが目に見えていますよ。 自分の値打ちを高めて本当にイイ男をゲットする方法は、『スターバックス・コーヒー』の販売戦略が参考になります。

続きを読む

結婚に必要なのは「焦り」じゃなくて「覚悟」です

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。私は婚活に焦った女でした。初めての婚活は23歳のころ。当時の婚約者と破局してからです。当時の私は大学生でしたが、彼と何年も付き合っていたので大学時代の恋愛経験は皆無。 しかも「どこでも転勤できます。バリバリ働けます!」とアピールして激務企業へ内定したので、社会人になってからの出会いは絶望的でした。激務だとアフターファイブの合コンなんてできっこないからです。 先輩社員から「本当に出会いないよ。しかもバリキャリはモテないから、大学時代に出会わないと社内結婚しか可能性ないよ」と言われ、卒業前に結婚相手を見つけないとヤバい! と、焦りだしたのです。 ま…

続きを読む

「今年こそ結婚!」と意気込むアラサー独女に待ち受ける落とし穴

 by ハラカナエ

「今年こそは!」と初詣で結婚を祈願した女性も多いのではないでしょうか? もちろん、婚活ライターである筆者もその一人です。 しかし、彼氏もいないアラサー女がいきなり「結婚」などと、大きな目標に挑むと、婚活の落とし穴に陥る可能性大! 今年「結婚」を誓うアラサー女の落とし穴と、陥らないための策をご紹介します。

続きを読む

ハイスペとしか結婚したくない!スペック中毒になる女子の落し穴

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。人生相談を承って早数年、気づけば600名以上のお悩みを聞かせていただきました。その中でも婚活相談は「彼氏できました!」「結婚できました」と成果をご報告いただけることも。どんなアドバイスも実行されなければただの文字列。成婚されたのは努力された淑女のみなさまによる実力です。 ただ、婚活は「努力すれば必ずうまくいく」ものではありません。お目当てのタイプがいない場所で婚活へ励んだり、自分の好みと違うのに世間体がいい男性と追い求めたりしても、成就する可能性は低くなります。その中でも今回は「ハイスペック男性じゃないと無理」になってしまったハイスペ中毒の女性について書い…

続きを読む

20代男子に増殖中!恋愛に無気力な「絶食系男子」攻略法

 by 楓

結婚相談所オーネットが25〜34歳の独身男性を対象に、「独身男性の恋愛と結婚に関する意識調査」を行いました。 その結果によると、恋愛に興味があり、女性へ積極 的にアプローチすると回答した「肉食系男子」はわずか13.6%。 興味はあるが、恋愛経験が乏しいため消極的で右往左往してしまう「迷走男子」 29.3%、恋愛に興味はあってもなかなか積極的になれない「優柔不断男子」が27.0%、いわゆる「草食系男子」が15.7%、そして「絶食系男子」が 14.4%という結果だったそうです。 そもそも肉食系男子以外は、恋愛に消極的な男性のような気がしますが。 ついには食べることも拒む…

続きを読む

いい子なんだけど…この女で大丈夫?男性が結婚をためらう理由

 by 杉本レン

「彼とは長く付き合っているのに、ぜんぜんプロポーズしてくれない……」とお嘆きの女性の皆様。 「彼女とはうまくいってるんだけど、結婚となるとちょっと……」と首をひねる男性達に、なぜ結婚をためらっているのか、彼らの本音をリサーチしました。

続きを読む

無職、虚言癖…読者の意見で決定!本当のダメンズってこんな男!

 by ウラバナツミ

恋をすると相手のすべてを美化してしまい、欠点が見えにくくなりますよね。 それは、周囲からいくら指摘されようとも、意味のないこと。 そして、後で振り返ってみると「あ、私“ダメンズ”にひっかかっていたんだ!」と気づき、後悔するものです。 でも、みんなが言う“ダメンズ”ってどんな男? ということで、ダメンズの定義を決めるべく、Gow! マガジン読者にアンケートを実施しました。

続きを読む