人気ランキング

  • 全て
  • ラブ
  • ライフ
  • ビューティ
  • エンタメ
  • オトナ

イギリス人がネット上で討論!「女のアソコはツルツルがいい」

 by かーねこばーん

81

すっかり暖かくなって、そろそろ身体の露出が増える季節。ショートパンツやサンダル、キャミソールなど、過ごしやすいのはいいけれど、気になるのはムダ毛です。 イギリスのネット掲示板では、「女性のムダ毛って社会的にアリ?」というスレッドがたっています。海外のかたは“毛”に寛容なイメージですが、意外と厳しい意見が出ています。

続きを読む

つま先の骨を削る手術!?美容整形の最先端「シンデレラ整形」

 by かーねこばーん

82

全身整形女と言えばMTVのリアリティドラマ『ヒルズ』に出演していたハイディ・モンタグが有名ですが、今、アメリカでは最先端の美容整形が話題です。それがなんと「シンデレラ整形」という“つま先”の美容整形! とくにハイヒール好きの女性に人気なのだそうです。 つま先の美容整形なんてちょっと恐ろしい気もしますが、その実態をご紹介します。

続きを読む

「胸を小さく見せるブラ」が大好評!切実な巨乳女子の悩みとは

 by かぎあな

83

貧乳の悩みは語りやすいのに、巨乳の悩みとなると「ナイよりアルほうがいいじゃん」と、軽くあしらわれてしまう風潮がある。 しかし、いよいよ薄着のこの季節、巨乳女子たちは人知れず悩んでいるようだ。 そこで巨乳女子たちの切実な悩みをまとめてみた。

続きを読む

お金かけずにキレイになろう!コスパ最強“10歳若返り”美容法

 by Gow!Magazine編集部

84

 コスメは高ければ良いってもんじゃない! プチプラコスメだって、使い方次第でとっても優秀に活躍してくれるんです。エステにも通いたいけれどお金はかけられないという人も、簡単に自宅でできる若返り美容法をいくつかご案内します。

続きを読む

男が求めているヘアメイク!愛され女子の外見をつくるには?

 by Gow!Magazine編集部

86

 男性ウケがいいメイクと、ヘアスタイルがあることを知っていますか? 「男性の目を気にしてメイクもヘアも決めていられない!」「自分のことだから自分の好きなようにしたい!」と言う女性もたくさんいると思います。

続きを読む

秒速イメチェンで印象UP!恋愛を制する「リップメイク術」

 by Gow!Magazine編集部

87

男性ウケを狙うモテメイクといえば、ほんのりピンクのチークに目元はマスカラをひと塗り。 そして口元はつやつやのグロス……と「ナチュラルさ」をアピールするのがデフォルトです。 しかし、合コンや婚活など出会いの場では、誰もが男性ウケを狙って似たようなメイクをしているため、そのメイクがあなたを目立たなくしてしまっていることに気づいていますか? 大勢の女子たちの中から「選ばれる女子」になるためには、第一印象から他と差をつけなくてはいけません。 そんなとき、すぐに印象を変えることができるのがリップメイクです。 リップカラーを塗ることで、周囲に与えるイメージをどう変えられるのか、コ…

続きを読む

号泣後や花粉で目が重い!むくみや鼻水をスッキリさせる方法3選

 by 森和世

88

ビューティーヨガニストの森和世です。 スギ花粉の飛散も終わりやっと可愛い私に戻れると思ったのに、今度はヒノキ花粉の飛散がスタート!  未だにグシュグシュと鼻がつまる、目がかゆいなど花粉症に思いっきりやられている女子はいませんか? 実はスギに反応する人はヒノキにも反応しやすく、スギ花粉症の方の約7割がヒノキ花粉にも反応するのだそうです。 つまり、スギ花粉症シーズンの終わる頃には、ヒノキ花粉による症状も加わってダブルパンチ状態! 鼻つまりで味覚も落ち、頭はボーっとなり、目玉を取り出してキュッキュと洗いたい!  おまけに顔はむくみ、泣きはらしたような目の浮腫み…

続きを読む

足指ほぐして、冷えを解消!女性ホルモンもアップで健康美人に!

 by 森和世

89

ビューティーヨガニストの森和世です。 気がつけば今年ももう冬直前。 冬の始まりを意識するよりも先に、身体が「もうすぐ冬ですよー、体が冷えてますよー」と訴えてきます。 身体を動かすのが億劫になりがちなこの時期ですが、いまキチンと冷えない体作りをしておけば、風邪を引かないのはもちろん、冬の乾燥に負けない美肌もキープできるんです。

続きを読む

赤ちゃんポーズで体の不調を改善!全国的に寒い冬に備えるヨガ

 by 森和世

90

ビューティーヨガニストの森和世です。 11月に入り、アッと言う間に冬到来。「まだコートの用意もしていないのに……」とあなたが思っているように、身体も寒さに順応できておらず、ストレスを感じています。 とくに今年は異常気象による、台風や気温差が原因で「片頭痛や慢性疲労」の症状を訴える人が多いようです。 これは、気圧の変化が自律神経に影響を及ぼし、体調不良を引き起こすと考えられています。そういえば、最近彼と会っても理由もなくイライラして、デートがちっとも楽しくない! 飲み会、食事会も面倒くさいと思っているあなたは、自分が感じている以上に体が病んでいるかも知れません。 そ…

続きを読む

柔らかいけどムダなお肉はナシ!フェミニン二の腕のつくり方

 by 森和世

91

ビューティーヨガニストの森和世です。 まだまだ寒い日が続きそうですが、ショーウィンドーは既に春一色。今年もファッショニスタのお洒落心を刺激しそうな、華やかなフラワープリント&パステルカラーが人気のようです。淡い色合いは女性らしくて可愛いけれど、黒のように締まって見えないのが女子の恐怖心をあおります。しかもシフォンやレーシー素材の可憐さゆえに、普段以上に太く見えてしまいがちな二の腕の露出はなんとか避けないところ。 そこで今回は、華やかなパステルカラーに負けない、柔らかいけれど無駄なお肉はなし!のフェミニン二の腕を作るエクササイズをご紹介しましょう。

続きを読む

オフィスで美人ヂカラをチャージ!短時間で脚のむくみを取る方法

 by 森和世

93

ビューティーヨガニストの森和世です。 ここだけの話、私はかなりの靴フェチ。 靴を買いに行ったわけではないのに、出かけ先に靴屋さんがあるとついチェックしてしまいますし、夜な夜な靴の通販サイト「Javari」でカートに靴を入れては戻し、を繰り返しています。 今年狙っているのは、ヒール10cmの華奢なショートブーツ。 しかし、カッコよく履きこなすには難易度が高いアイテムなのです。 なんといっても、脚をほっそり見せるキモである足首を隠してしまうので、一歩間違えれば周囲に普段より脚が太いという印象を与えかねません。 さらにヒールが10cmとくれば、足のむくみは覚悟しな…

続きを読む

クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方

 by 立原麻里

94

多くの女性が憧れがちなのが、どんな洋服も似合うモデルのようにスマートなカラダ。 それに反して、世の中の男性は「ちょっとぽっちゃりしているくらいのカラダ」が好きというのはよく聞く話です。 周囲でひと足はやく結婚を決めている友人も、スタイル抜群のモデル体型というよりは、凹凸のあるメリハリボディが多い気もしたりして……。 どうせなら男性に好かれるカラダになりたい! ということで、世の男性はどんなボディが好きなのか、どんな体型の女性を選ぶのか、より具体的に調べてみました。

続きを読む

恋愛すると女性の胸は大きくなるのか?

 by Gow!Magazine編集部

95

 一般的には、それまで平らだったお子様の胸がどんどん大きくなるのは、思春期に分泌される成長ホルモンや女性ホルモンの働きによるものと言われています。しかし近年では、子供でも学校での人間関係や受験に対するストレスなどによって精神的に大きな負担を抱えていることも少なくありません。

続きを読む

夏を満喫できない!「残念な女」がやりがちな手抜きケア5選

 by 日向バンビ

96

気温も上がり、肌の露出が増える季節になってまいりました。みなさんはもちろん、ムダ毛のお手入れ、UVケアに余念がないことと思います。しかし、ついうっかり忘れがちな部分ほど、ひとの目に付きやすいもの。 夏を満喫しきれない「残念な女」を紹介します。 ◆ムダ毛処理にお悩みのあなたに… お金をかけずにキレイでいたい女子の願いを叶える方法

続きを読む

口の臭いで恋が終わる…臭いが見える!?即効性「口臭ケア」とは

 by ウラバナツミ

97

朝や帰りの電車の中で隣に座ったおじさんや、打ち合わせで同席者の口臭に思わず顔をしかめた経験はありませんか? 「なんでこんな臭いなのに平気な顔しているんだろう?」と思ってしまいますが、口のにおいは自分ではなかなか気がつかないもの。 もしかするとあなたも周りから口臭がキツイと思われているかもしれません。 気になる人とのデート。ロマンチックなムードの中、熱い口づけを交わそうとしたとき自分の口が臭かったら……考えただけでゾッとしてしまいますよね。

続きを読む

「私ってデブ?」その考えがあなたをさらに太らせることが判明

 by 溝野こねこ

98

雑誌やテレビ、インターネットを見れば、細いモデルばかりが目に飛び込んできます。一時期、激太りして無残な姿になっていたグラビアアイドルの小阪由佳でさえも、20kgも痩せて週刊誌フライデーに登場しています。 細い体型に憧れる反面、自分の体型を見てその落差にガッカリしてしまう女性も多いはず。でもちょっと待ってください。実は、ある研究でその考え方こそが体重を増やす原因だったということが判明しました。

続きを読む

欧米で営業禁止も!?専門家が日焼けサロンの発がんリスクを警告

 by かーねこばーん

99

1980年代から始まった日焼けサロンブーム。昔は日サロに通っていたというひとや、夏にキレイに日焼けするため通っているひとも多いのでは?  日本ではあまり知られていませんが、実は欧米では「日焼けサロンの身体に及ぼす悪影響」が問題となっています。

続きを読む

痩せてもモテるわけじゃない! 男ウケするスタイルの作り方

 by Gow!Magazine編集部

100

こんにちは。ダイエット研究家のりつこです。 そろそろ春物の服を考える時期になりましたね。 「太っちゃう」「痩せなきゃ〜」なんて大騒ぎしつつも、この時期は、コートで隠れるからと油断してしまい、気付いたいら体重が2キロほど増えていた……なんていう女子が急増します。 食べてしまった後はカロリーセーブすればいいのですが……それは難しいですよね。 私は、いろいろなダイエットを研究して、実践してきた中で、ダイエットに対して1つだけ心がけていることがあります。

続きを読む