日傘をさすのと同等の効果が!?トマトの日焼け防止作用が判明

 by 浅川有紀


かねてからトマトは、老化を防ぐ効果や、ダイエット効果、二日酔い防止効果までさまざまな健康成分を含んでいるとして人気ですよね。そして、イギリスの大学の研究で「日焼け防止」の効果まであることが判明! トマトを食べると、3割も日焼けが少なくなるのだとか。
これから夏に向けて注目したいトマトの成分をご紹介します。

「日焼け止め、日傘と同じような効果がある」

ニューカッスル大学の皮膚科学教授マーク・バーチ・マチン教授が、イギリスの王立医学協会で発表した研究によると、「トマトを多く食べる女性は肌の保護効果が高まり、日焼けで肌が赤くなることや、UVによってDNAが損傷を受ける影響を軽減する」ことが分かりました。

バーチ・マチン教授の研究チームは、21歳〜47歳までの20人の女性を対象に調査。そのうち10人には12週間毎日、トマトペースト55gと、オリーブオイル10gを食べてもらいました。そして、全員に調査前と後に紫外線を浴びてもらったところ、トマトを食べた女性は食べなかった女性よりも平均して33%、日焼けによる赤みが少なかったそうです。

その理由は、トマトの成分「リコピン」には紫外線のダメージから肌を保護する効果があり、肌の能力が大幅に向上したため。研究チームが算出したところ、トマトペーストを毎日摂取することによってなされる肌の保護効果は、1.3SPFの日焼け止めに相当するそうです。

また、調査前と後の女性から採取した皮膚のサンプルから、皮膚のプロコラーゲン(コラーゲンに合成される前段階の状態)が増加し、皮膚が若返ったことが判明。さらに、皮膚の老化に関係しているとみられているミトコンドリアがDNAに与えるダメージも少ないことも分かりました。トマトを毎日摂取すると、外部のダメージから身を守りつつ、内側から若返ることができるのですね。

バーチ・マチン教授は「トマトを食べることで、太陽の下で無敵になるなんてことはありませんが、日焼け止めクリームや日傘、服をまとうのと同じように日焼けからの保護に役立つかもしれません」と説明しています。

生トマトよりもケチャップのほうが効果的

トマトに含まれる「リコピン」は、紫外線によるダメージで肌の炎症反応を軽減する強力な抗酸化物質です。紫外線による損傷は日焼けだけでなく、肌のシワや皮膚がんの原因にもなります。そして、ケチャップ、スープ、ジュースなどのトマト加工品は、生のトマトよりも「リコピン」が身体に吸収されやすいそうです。

ポーツマス大学のムリドゥラー・チョプラ博士の研究でも、「調理されたトマトはがん細胞の成長をおさえたり、前立腺のがん細胞を殺す」としています。この研究には、さらに臨床実験が必要とされていますが、チョプラ博士は、健康のためにトマトの加工品を週に3〜4人前は食べることをおすすめしているそうです。

ニュースサイト『Mail Online』によると、典型的なイギリスの成人が1日に摂取するトマト加工品の量はわずか1mg未満。肌を太陽から保護するためにはこの25倍は必要です。1日に必要な量はトマトのパスタソース150mg、リコピンタブレット1粒が目安とのこと。

夏はトマト加工品で日焼けを防ごう

次々とトマトの健康成分が出てきますが、日焼けを気にする女性にはとても耳寄りな情報ですね。

この夏、美白OLさんのランチは「トマトパスタ」に「トマトつけ麺」、「トマトケチャップのハンバーグ」に飲み物は「トマトジュース」というトマト三昧になるかもしれません。


◆まだまだあります、トマトの効果!
これでお酒の失敗ゼロ?トマトは血中アルコール濃度を3割下げる

◆自分だけはは通じません!
自分だけは大丈夫…なんて甘すぎる!安易な性交渉は性病のもと

Written by 浅川有紀
Photo by alpha du centaure